税理士に相続税の相談をするなら国内トップクラスの相続専門の当税理士事務所へ

対象の土地のイメージ

幅の狭い道路に面している土地

相続税が減額されるポイント

相続した土地が狭い道路に接している場合は、70%減額できる可能性があります。
建築基準法上、道路は4m以上の幅が必要です。
4m以下の道路に面している土地の場合、道路の中心線から2mは建物を建てることができません。
ちなみに、この部分をセットバック部分といいます。

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

広大地(周りに比べて広い土地)

形のいびつな土地(不整形地)

埋蔵文化財包蔵地

2本の道路に面し片方の接面部分が小さい土地

墓地に隣接している土地

もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。

もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

もっと詳しい土地評価のご質問はこちら

お客様のご状況に応じて
サポートいたします

お客様満足度92%!相続税のサポートをさせていただいたお客様から、たくさんの喜びの声をいただいています。あなたも、相続に成功した先輩たちに続いてみませんか?

  • 生前の
    相続税対策
    サービス

    相続税対策サービス

  • 相続時の
    相続税申告
    サービス

    相続税申告サービス(15万円~)

  • 相続後の
    相続税還付
    サービス

    相続税還付サービス(完全成功報酬/全国対応)

  • 急な対策
    税務調査
    サービス

    相続税の税務調査対策サービス