幅の狭い道路に面している土地の評価

幅の狭い道路に面している土地の評価と減額ポイントについて具定例で解説しています。

最終更新日:
相続税専門の税理士。創業16年で国内トップクラス1,690件の相続税の申告実績。119億円以上の相続税の減額実績。
岡野雄志税理士
岡野雄志税理士

相続税が減額されるポイント

幅の狭い道路に面している土地

相続した土地が狭い道路に接している場合は、70%減額できる可能性があります。
建築基準法上、道路は4m以上の幅が必要です。
4m以下の道路に面している土地の場合、道路の中心線から2mは建物を建てることができません。
ちなみに、この部分をセットバック部分といいます。

「相続人を救う」という使命感を持って業務を行っています

岡野雄志税理士

岡野雄志税理士事務所

相続専門の税理士

岡野 雄志

私たち岡野雄志税理士事務所は、相続税を専門に取り扱う税理士事務所です。人が亡くなったとき、遺族は故人の資産を税務署に申告し、相続税を支払います。しかし不動産などは資産価値の算定が非常に難しく、適切な調査や申告を行わないと、過剰な相続税を支払うことになりかねません。私たちが手掛けているのは、そうした苦労から相続人を救うこと。社会への使命感を持って業務を行っています。

相続税のことならお任せください

まずは無料のご相談・お見積りから

相続税のプロが応える
無料面談・電話相談
を実施中です。詳しくはこちら

「幅の狭い道路に面している土地の評価」と減額のポイントの先頭へ