相続税は土地の評価でかわる!相続税評価額の実例

最終更新日:
相続税専門の税理士。創業16年で国内トップクラス1,690件の相続税の申告実績。103億円以上の相続税の減額・還付実績。
岡野雄志税理士
岡野雄志税理士

土地の評価によって土地の相続税評価額がどのくらいかわるのか、過去の事例から解説しています。

豊富な事例で紹介する土地評価について。「土地の評価」なら、知識と経験のある税理士をお選びください

相続税申告の際に、正しく土地の相続税評価額を算出することはとても重要です。相続税を払い過ぎてしまったり、税務調査の対象になってしまうリスクがあるからです。
ただし、納税後であっても更正の請求による相続税の還付手続きを期限内(5年以内)に行うことで、土地の価値を正しく評価し直し、すでに納めた相続税を取り戻すことができる可能性があります。

これまで、岡野雄志税理士事務所が相続税還付で実際に行なった、土地評価の19の実例を解説いたします。

土地の相続税評価額の19事例

当事務所がこれまで扱ってきた土地評価の実例のなかから減額に成功した例をいくつかご紹介いたします。

イラストをクリックすると、広大地、線路や踏切に接している土地、幅の狭い道路に面している土地、日当たりの悪い土地など、土地の相続税評価額の19事例の解説が見られます。
各土地別に相続税が減額されるポイントや、具体的な評価額や節税実績をご確認いただけます。

お持ちの土地の事例がなかったお客様へ

ご紹介した事例は、当事務所が扱ってきた事例のほんの一部です。
「お持ちの土地の事例がなかったお客様」「さらに詳しい事例を知りたいお客様」は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

知っていますか?払い過ぎた相続税を取り戻せる「相続税還付」

一度納めてしまった相続税でも、定められた期限内に税務署に更正の請求をし、その更正が認められた場合、相続税を還付(納めた税金が戻ってくること)できるのです

相続税の申告を、相続が得意ではない税理士に任せたり、自己申告した場合、相続税を払い過ぎてしまうケースがあります。土地を相続した場合が代表的な例ですが、同じ土地でも、税理士によって評価額に差があります。土地の評価は不動産関連法規の専門知識が要求されるほど難しく、不動産に詳しくない税理士の場合、過大評価してしまうことが多くあります。
相続税専門の税理士がもう一度チェックし、土地の評価を下げて、税務署に更正の請求をします。更正の請求が認められた場合、既に払った相続税が戻ってくる可能性があるのです。

相続税還付の期限

相続日からは5年10ヶ月以内が相続税の還付手続きの期限です。

相続税の申告が必要な方は、相続日(通常の場合は被相続人が亡くなった日)の翌日から 10 か月以内に、相続税の申告書を提出し納税する必要があります。この相続税の申告期限から5年間が更正の請求による相続税の還付が認められる期間となっています。

相続税の還付額

相続税還付で戻ってくる相続税額は税理士によって違います

同じ土地でも、様々な土地の状態を見極められるか、どう評価するかは税理士ごとに異なるからです。専門知識と経験のある税理士に更正の請求による相続税還付を依頼することで、土地を再評価し、大幅な相続税の減額の対象になる可能性があります。

相続税を税理士へ相談なら、
相続専門の当税理士事務所へ

岡野雄志税理士

相続税に強い岡野雄志税理士事務所

相続税専門の税理士

岡野 雄志

早稲田大学商学部卒業。
2005年に神奈川県横浜市の新横浜に事務所を開設して以来、相続税申告や相続税還付、相続税の税務調査、生前対策など、横浜に限らず全国各地の相続分野の案件を1690件以上手がけてきました。
特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

相続税のことで損をしないために、

まずは無料のご相談・お見積りから

相続税は土地の評価でかわる!相続税評価額の実例の先頭へ