傾斜のある土地や一部崖になっている土地の相続税

対象の土地のイメージ

傾斜のある土地や一部崖になっている土地

相続税が減額されるポイント

崖地を有する宅地とは

土地そのものが崖地になっているのではなく、土地の中に崖地が含まれる土地をさします。
※崖地とは、一般的に傾斜度が30度以上ある急傾斜地のことをいいます。

土地の評価

崖地を有する宅地は、平坦な土地より利用価値が低いため相続税評価額も低くなります。

相続税を税理士へ相談なら、
相続専門の岡野雄志税理士事務所へ

岡野雄志税理士

相続税専門の岡野雄志税理士事務所

税理士

岡野 雄志

相続税専門の税理士。
早稲田大学商学部卒業。
2005年に神奈川県横浜市の新横浜に事務所を開設して以来、横浜に限らず全国各地の相続分野の案件を1690件以上手がけてきました。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

相続税のことならお任せください

まずは無料のご相談・お見積りから

平日・土曜20時まで、全国対応
無料の相談/面談
を実施中です。詳しくはこちら

傾斜のある土地や一部崖になっている土地の相続税トップへ