日当たりの悪い土地の評価

日当たりの悪い土地の評価と減額ポイントについて具定例で解説しています。

最終更新日:
相続税専門の税理士。創業16年で国内トップクラス1,690件の相続税の申告実績。119億円以上の相続税の減額実績。
岡野雄志税理士
岡野雄志税理士

相続税が減額されるポイント

日当たりの悪い土地

建築基準法第56条2項に定める日影時間を超える時間の日照阻害がある場合、10%減額を行うことができます。