鳥居や祠がある(庭内神し)土地の相続税

対象の土地のイメージ

鳥居や祠がある土地

相続税が減額されるポイント

祠などを祭ってはいませんか?

あなたの土地の敷地内に社や祠、鳥居はありませんか?
それを大切に祭っている場合、それがある部分の土地には相続税がかかりません。

土地の評価

以前の法律では、祠などの神様は当然非課税にしていましたが、それらが祭られている土地には相続税がかけられていました。
しかしそれが上記のように改正され、もう相続税の申告をしてしまった場合であっても、新しい法律を適用することができ、減額することができるのです。

相続税を税理士へ相談なら、
相続専門の岡野雄志税理士事務所へ

岡野雄志税理士

相続税専門の岡野雄志税理士事務所

税理士

岡野 雄志

相続税専門の税理士。
早稲田大学商学部卒業。
2005年に神奈川県横浜市の新横浜に事務所を開設して以来、横浜に限らず全国各地の相続分野の案件を1690件以上手がけてきました。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

相続税のことならお任せください

まずは無料のご相談・お見積りから

平日・土曜20時まで、全国対応
無料の相談/面談
を実施中です。詳しくはこちら

鳥居や祠がある(庭内神し)土地の相続税トップへ