相続税の還付
相続税の還付

開発基準面積に満たない土地

対象の土地のイメージ

開発基準面積に満たない土地

開発基準面積に満たない広大地とは

主に市街地にあって、戸建住宅を何件も建てられるような、広い土地のことです。広大地の要件は次の3つです。

  • ①その地域の標準よりも広い土地(目安として、三大都市で500㎡以上、その他で1,000㎡以上)
  • ②工場やマンションを建てるのに適していない土地
  • ③戸建分譲を想定した時、道路を造らなければならない土地

今回の場合、要件の③に当てはまらないため、広大地には判定されません

500㎡未満の土地が広大地に!

しかし、面積基準を満たさなくても、広大地と認められ、大きな減額が受けられたケースがあります。

東京23区内など、都心部の地価の高いところでは、500㎡未満の土地でも道路を入れて、ミニ分譲開発を行うことがあります。
地価が高騰しているために、ほかの地域に比べて、一つ一つの宅地が小さいからです。
今回のケースは、都内の490㎡の土地でしたが、周囲にミニ分譲開発をしている土地が見受けられたため、その地区基準に合わせた戸建分譲開発想定図を作成し、税務署に広大地として認められ、約1,300万円の減額に成功しました。

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

実際の土地の面積が登記簿情報より小さい土地

傾斜のある土地や一部崖になっている土地

道路に接していない土地(無道路地)

マンションが建っている広い土地

幅の狭い道路に面している土地

もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。
もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

相続を終えた方に読んでいただきたいページ

約7割の方が相続税を払い過ぎています

相続税還付のサービス内容と料金

無料出張相談&査定サービス

更正の請求による相続税還付の知識

相続税還付とは?対象になる人、税理士の選び方

相続税還付の事例紹介

相続税専門で国内屈指の実績
税理士へ相続相談なら
横浜の岡野雄志税理士事務所へ

岡野雄志税理士

岡野雄志税理士事務所

代表税理士

岡野 雄志

相続税専門の税理士。
早稲田大学商学部卒業。
2005年に神奈川県横浜市に事務所を開設して以来、全国各地の相続税分野の案件を1000件以上手がけてきました。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

”まずは無料相談から”

平日、土日祝日も24時間受付

お電話での無料相談は
0120-716-476
お気軽にお電話ください。

無料個別相談も実施中です。
詳細はこちら

開発基準面積に満たない土地トップへ