市街地の山林

対象の土地のイメージ

市街地の山林

相続税が減額されるポイント

市街地に傾斜が20°以上ある山林をお持ちの方は、大幅に相続税評価を減額できる可能性があります。

傾斜があまりにも急な土地は、宅地化が困難であるため、付近の山林の地価を基準に評価します。

土地の評価に詳しくない税理士は、宅地化が困難な傾斜がどのくらいなのかを判断できないため、宅地価額で相続税申告してしまうケースが多いのです。
宅地価額ではなく、付近の山林の地価を基準に評価することで、相続税評価を大きく減額できます。
市街地に傾斜が20°以上ある山林をお持ちの方は、一度、正確な土地評価ができる相続税専門の税理士に相談してみましょう。

相続税の節税実績

課税価格で、770万円の減額となりました。
相続税の税率を30%とした場合、約231万円の相続税の節税となりました。

  • 【課税価格および相続税額の減少額】

(単位:万円)

当初申告 再評価後 減少額
課税価格 820 50 770
相続税額(税率30%) 246 15 231

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

広大地(周りに比べて広い土地)

形のいびつな土地(不整形地)

埋蔵文化財包蔵地

2本の道路に面し片方の接面部分が小さい土地

墓地に隣接している土地

もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。

もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

もっと詳しい土地評価のご質問はこちら