税理士に相続税の申告や還付を相談するなら横浜の相続専門の当税理士事務所へ

土地評価の相続税の節税を豊富な事例で解説。「土地の価値」なら、知識と経験のある税理士をお選びください!

土地の評価

河川に面している土地

対象の土地のイメージ

河川に面している土地

相続税が減額されるポイント

以下のような、河川や水路が宅地と道路との間にある場合、相続税評価額を減額できる可能性があります。

  • 1.通行するために河川や水路に橋を架ける必要がある
  • 2.通行するために河川や水路に蓋をする必要がある

通行するために河川や水路に橋を架ける必要がある場合

無道路地として評価されるため、橋の架設費用相当額が控除されます。
従って、大幅に相続税評価額が減額されます。

通行するために河川や水路に蓋をする必要がある場合

道路からの奥行距離に応じて評価減となりますが、1.に比べるとあまり相続税評価額の減額は期待できません。
河川や水路が宅地と道路との間にある方は、一度、正確な土地評価ができる相続税専門の税理士に相談してみましょう。

相続税の節税実績

課税価格で、200万円の減額となりました。
相続税の税率を30%とした場合、約60万円の相続税の節税となりました。

  • 【課税価格および相続税額の減少額】

(単位:万円)

当初申告 再評価後 減少額
課税価格 1,200 1,000 200
相続税額(税率30%) 360 300 60

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

広大地(周りに比べて広い土地)

形のいびつな土地(不整形地)

埋蔵文化財包蔵地

2本の道路に面し片方の接面部分が小さい土地

墓地に隣接している土地

もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。

もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

もっと詳しい土地評価のご質問はこちら

相続税専門の税理士に
相談する

相続のご相談はこちらから 相続税のご相談はこちらから

営業時間は9:00~17:45です。(新横浜駅徒歩2分、横浜から電車で8分)

面談は原則、平日9:00~17:45、土曜9:00~17:45でお受けしております。

相続税の還付は無料出張相談もしておりますのでまずはご相談ください。