分かりやすく解説、相続税の知識
分かりやすく解説、相続税の知識

ジャニー喜多川氏の相続税額を考える

公開日:2019/07/10
最終更新日:2020/07/01
相続税の知識
タグ:

岡野雄志税理士
岡野雄志税理士

ジャニー喜多川氏の相続税額はいくらになる?

2019年7月9日、ジャニーズ事務所社長の「ジャニーさん」ことジャニー喜多川氏がお亡くなりになりました。「ジャニーズ事務所」を創設した偉大な経営者の突然の訃報に、心よりご冥福をお祈りします。

ジャニーさんは2012年の週刊現代の「日本のお金持ち1000人」では40位にランクインしているほどの資産家です。
そこで、相続税を専門とする税理士の観点からジャニー喜多川氏の相続にともなう相続税について、着目しました。

ジャニー喜多川氏の相続税額は100億円越え!?

ジャニー喜多川氏の総資産は約200億円~300億円と言われておりますので、遺産を相続する場合には多額の相続税がかかってくることが予想されます。その遺産は遺言がなかった場合には唯一の相続人であるお姉さまの「メリーさん」ことメリー喜多川氏が相続することになります。

相続税額をざっくり計算するとこのようになります。

※被相続人の遺産を相続した場合、総財産額に応じた金額(相続税額)を税金として国に納めなければなりません。

総財産額が200億円の場合は相続税額:130億9000万円
総財産額が300億円の場合は相続税額:196億9000万円

ジャニー喜多川氏の相続において相続税率は55%になります。
そしてメリー喜多川氏はご兄弟になりますので、相続税額の2割が追加で加算されることになります。

つまり総財産の66%(55%×1.2)が相続税として徴収されることになるのです。

遺言があったらどうなる?

今までのお話はジャニーさんが遺言を書いていない場合になります。もし遺言を書き、メリーさん以外の人に財産を遺贈すると書いてある場合には、メリーさんは一切財産を相続することはできません。

相続の際よく言われる遺留分という権利については兄弟姉妹の方は一切保証されていないのです。

に関連する記事をもっとみる

この記事に関連する記事

配偶者居住権の新設 – 平成31年の相続法改正を解説

相続法改正の解説シリーズ第一回目の本日は、配偶者居住権の新設について取り上げます。 配偶者居住権の新…続きを読む

遺産相続争いの原因の遺言書。トラブルを防ぐための遺言書の書き方とは?

遺言の種類 遺言には、大きく分けて二方式存在します。「普通方式遺言」と「特別方式遺言」です。 さらに…続きを読む

「特定事業用宅地等に係る小規模宅地等の特例」が見直されます – 平成31年税制改正

平成31年税制改正において、個人事業者の事業承継を促進する目的で相続税・贈与税の納税猶予の新制度が創…続きを読む

相続税を税理士へ相談なら、
相続専門の岡野雄志税理士事務所へ

岡野雄志税理士

相続税専門の岡野雄志税理士事務所

税理士

岡野 雄志

相続税専門の税理士。
早稲田大学商学部卒業。
2005年に神奈川県横浜市の新横浜に事務所を開設して以来、横浜に限らず全国各地の相続分野の案件を1690件以上手がけてきました。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

相続税のことならお任せください

まずは無料のご相談・お見積りから

相続税のプロが応える
無料面談・電話相談
を実施中です。詳しくはこちら

相続税還付とは?対象になる人、税理士の選び方トップへ