相続税と法定相続分とは?

2019年02月08日 [ ]

1 どんな人が相続人になるのか?

民法では、相続できる人の範囲とその順位を定めています。

《 相続人の相続順位 》

相続人の相続順位

図にまとめると次のようになります。

相続人の相続順位

養子がいる場合
法廷相続人として認められる養子の数は次のように制限されます。
 ・被相続人に子供がいる場合:養子は1人まで
 ・被相続人に子供がいない場合:養子は2人まで
配偶者・子・父母以外が財産を取得した場合
配偶者・子・父母以外の相続税額に20%相当額を加算します。

2 法定相続分

民法では、「被相続人による遺産分与の指定がない場合、どの人がどれだけ財産をとるか」を定めています。
相続人全員での遺産分割協議で合意が得られれば、必ず法定相続分で分ける必要はありません。

代表的な3つのケースをご紹介します。

(例)死亡した人の配偶者(1/2)・子供たち(1/2×1/子供の数)

相続人が配偶者と子供の場合

(例)死亡した人の配偶者(2/3)・父母(1/3×1/人数)

相続人が配偶者と父母の場合

(例)死亡した人の配偶者(3/4)・兄弟(1/4×1/人数)

相続人が配偶者と兄弟の場合

に関連する記事をもっとみる

この記事に関連する記事

横浜駅、川崎駅、新横浜駅などの主要ターミナル駅周辺の路線価が軒並み上昇

7月3日、国税庁から2017年分の路線価(1月1日現在)が発表されたことに伴い、神奈川県の主要ターミ…続きを読む

公示地価が発表!2020年度の全国公示地価は5年連続上昇

国土交通省が2020年地価公示の結果を3月18日に発表 国土交通省が3月18日に発表した2020年1…続きを読む

民法と相続税法について異なる規定を解説します

相続財産を、誰に、どのように分けるかは、民法で明確に規定されています。 しかし、一部において、民法で…続きを読む

相続税専門で国内屈指の実績
税理士へ相続相談なら
岡野雄志税理士事務所へ

神奈川県横浜市の新横浜を拠点に全国に対応しています。2005年の創業以来、相続税分野の案件を1000件以上手がけ、売上の99%以上が相続税の、国内でも数少ない真の相続税を専門に取り扱う税理士事務所です。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

事務所入口業務風景

事務所紹介をみる

約7割の方が相続税を払い過ぎています

日本NO.1の実績を誇る1,192件以上(令和2年3月11日現在)もの日本全国のお客様の相続税を取り戻すことに成功しています。

相続が発生している方は相続税申告で相続税を払い過ぎない。

相続税申告のサービス内容と料金

申告後でも5年以内であれば払い過ぎた相続税は取り戻せます。

相続税還付のサービス内容と料金

相続税還付の事例紹介

相続税と法定相続分とは?トップへ