[ ]

仮想通貨の相続税申告が簡素化

2019年01月04日

仮想通貨の相続税申告を簡素化すると発表がありました

昨年一年間、ネットやニュースを騒がせた仮想通貨。
取引量の増加にともなって着々と法体制が整いつつあります。

国税庁は昨年の11月21日、相続によって仮想通貨を取得した際の申告を簡素化すると発表しました。
これまで仮想通貨の相続税申告については統一された取り扱いが定められていませんでした。
なので申告の際には相続人が各交換業者のサイトにログインするなどして残高を調べるしかなかったのです。

国税庁では、このような現状を打破するために、2018年4月~10月に仮想通貨交換業者をまじえ、「仮想通貨取引等に係る申告等の環境整備に関する研究会」を開催。
仮想通貨交換業者の意見を聴取しつつ、申告の際の利便性向上策について協議しました。

国税庁が定めた新たな方法では、相続で仮想通貨を得た相続人は、各交換業者に仮想通貨の残高証明書の交付を依頼できるようになります。
業者は依頼に基づき、相続開始日における残高証明書や取引明細書を発行し、相続人は各業者から交付された証明書を税理士に渡すことで相続税の申告書を作成することができます。

また国税庁は同時に、公式サイト上で、「仮想通貨に関わるFAQ」と申告に必要な所得金額などが自動で計算できるエクセル製の「計算書」を発表しました。

これまでは、仮想通貨交換業者によってユーザーに提供される内容が異なっており、均一化が叫ばれていました。
今後は、仮想通貨交換業者はユーザーに対し、記載内容を統一した「年間取引報告書」を新たに交付する予定です。
ユーザーは、交付された「年間取引報告書」と今回公開された「計算書」を使用することで、税務の申告が従来よりも簡単にできるようになるということです。
また、仮想通貨の相続における手続きも公表されました。
今後は、仮想通貨交換業者が相続人に対し「残高証明書」を発行し、それに基に相続税の申告を行う、という流れになりそうです。

関連サービスのご案内

相続税申告サービス・料金(最安水準9.9万円~)

相続税還付サービス・料金(実績1,000件)

この記事の関連カテゴリー

岡野雄志税理士事務所のご案内

神奈川県横浜市に拠点を構える当税理士事務所は、売上の99%以上が相続税の、国内でも数少ない、真の相続税を専門に取り扱う税理士事務所です。
創業以来、日本NO.1の実績を誇る1000人以上(令和元年10月29日現在)もの日本全国のお客様の相続税を取り戻すことに成功してきました。

事務所入口業務風景

事務所紹介をみる

お客様のご状況に応じて
サポートいたします

お客様満足度92%!相続税のサポートをさせていただいたお客様から、たくさんの喜びの声をいただいています。あなたも、相続に成功した先輩たちに続いてみませんか?

  • 生前の
    相続税対策

    相続税対策サービス

  • 相続時の
    相続税申告

    相続税申告サービス(15万円~)

  • 相続後の
    相続税還付

    相続税還付サービス(完全成功報酬/全国対応)

  • 急な対策
    相続税調査

    相続税の税務調査対策サービス