任意後見人制度について

2018年08月06日 [ ]

任意後見人制度について

ここまで3回にわたり成年後見人制度について解説してきましたが、今回が最後になります。
今回は「任意後見人制度」についてご紹介しようと思います。

任意後見人制度は、将来本人の判断能力が不十分になった時に備えて、後見人を選出する制度です。自ら代理人(任意後見人)を選出します。

具体的には、将来認知症などで判断能力が低下した場合に備えて、自分の任意後見人を選出するケースが考えられます。

自分に代わって財産を管理してもらったり、介護等に必要な契約締結等をしてもらうのが任意後見人制度の特徴です。

任意後見人制度は必ず公証人役場で、公証人に公正証書を作成してもらう必要があります。公証役場の手数料は基本的には、1契約につき1万1,000円です。また、法務局への登記嘱託料の1,400円等の費用もかかります。

不安な点は税理士等専門家に相談するのも良いでしょう。

岡野雄志

に関連する記事をもっとみる

この記事に関連する記事

法定後見人制度-1(後見について)

法定後見人制度-1(後見について) 成年後見人制度とは、本人の判断能力が衰えた際、第三者が代わりに財…続きを読む

円滑な終活に必須のアイテム!「エンディングノート」って何?

「エンディングノート」って何? 自分の人生の記録や、ご家族へ伝えたい事を記入できる「エンディングノー…続きを読む

遺言書を書こう-5(遺言書の作成)

今日は遺言書の作成についてご紹介します。 遺言書 専門家選びのコツ 遺言書を作成するにあたって誰に相…続きを読む

相続税専門で国内屈指の実績
税理士へ相続相談なら
岡野雄志税理士事務所へ

神奈川県横浜市の新横浜を拠点に全国に対応しています。2005年の創業以来、相続税分野の案件を1000件以上手がけ、売上の99%以上が相続税の、国内でも数少ない真の相続税を専門に取り扱う税理士事務所です。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

事務所入口業務風景

事務所紹介をみる

約7割の方が相続税を払い過ぎています

日本NO.1の実績を誇る1,192件以上(令和2年3月11日現在)もの日本全国のお客様の相続税を取り戻すことに成功しています。

相続が発生している方は相続税申告で相続税を払い過ぎない。

相続税申告のサービス内容と料金

申告後でも5年以内であれば払い過ぎた相続税は取り戻せます。

相続税還付のサービス内容と料金

相続税還付の事例紹介

任意後見人制度についてトップへ