遺言書を書こう-4(秘密証書遺言)

2018年06月28日 [ ]


今日は秘密証書遺言についてご紹介します。

秘密証書遺言

遺言書は全部で3種類存在しますが、
今日は秘密証書遺言についてご紹介します。

秘密証書遺言の最大のメリットは、遺言の内容を秘密にしたまま、公証人に遺言の存在を証明してもらえる点です。

自筆証書遺言と異なるのは、必ずしも自筆で遺言を作成する必要がなく、パソコンや代筆で作成する事も可能なところです(ただし、署名は自筆と印鑑でする必要があります)。

また、公証役場で公証人と、2人以上の証人の立会いのもと、提出しなければならず、偽造される心配がありません。
ただし、公証人が遺言書そのものを保管するわけでは無いので、紛失の心配はあります。

デメリットもあります。
遺言書に押印した印鑑と異なるもので封印すると、遺言書が無効になってしまうという点。更には、遺言書の中身を公証人が確認するわけでは無い為、もしも指定の形式に即していなければ、遺言書自体が無効になる心配があるのです。

また、以下に当てはまる人は証人としては認められない為、注意してください。

1.未成年者
2.推定相続人、受遺者及びその配偶者並びに直系血族
3.公証人の配偶者、四親等内の親族、公証役場の関係者

専門家の意見も参考にし、最適な遺言方式を選択できると良いですね。

岡野雄志

に関連する記事をもっとみる

この記事に関連する記事

遺言書を書こう-3(改正前の自筆証書遺言)

今日は、改正前の自筆証書遺言について紹介します。 自筆証書遺言(改正前) 自筆証書遺言とは、文字通り…続きを読む

法定後見人制度-3(補助について)

法定後見人制度-3(補助について) 今回は、法定後見人制度の中でも「補助」についてご紹介致します。 …続きを読む

親からもらう結婚や子育ての資金が非課税に。実はあまりメリットのない制度…?

祖父母や両親の資産を早期に子や孫に移せる「結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置(以下、…続きを読む

相続税専門で国内屈指の実績
税理士へ相続相談なら
岡野雄志税理士事務所へ

神奈川県横浜市の新横浜を拠点に全国に対応しています。2005年の創業以来、相続税分野の案件を1000件以上手がけ、売上の99%以上が相続税の、国内でも数少ない真の相続税を専門に取り扱う税理士事務所です。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

事務所入口業務風景

事務所紹介をみる

約7割の方が相続税を払い過ぎています

日本NO.1の実績を誇る1,192件以上(令和2年3月11日現在)もの日本全国のお客様の相続税を取り戻すことに成功しています。

相続が発生している方は相続税申告で相続税を払い過ぎない。

相続税申告のサービス内容と料金

申告後でも5年以内であれば払い過ぎた相続税は取り戻せます。

相続税還付のサービス内容と料金

相続税還付の事例紹介

遺言書を書こう-4(秘密証書遺言)トップへ