相続専門の横浜の税理士。相続税のご相談は確かな実績を誇る当税理士事務所へ。

2017年07月14日

死後支払われた退職金には非課税枠がある! 死亡退職金を受け取った相続人の割合は19%

退職金は本来、本人が存命中に受け取った場合には所得税の課税対象です。
しかし、受け取るはずだった本人が亡くなってしまい、相続人がその退職金を代わりに受け取った場合、その退職金には相続税がかかります。これを、死亡退職金といいます。

岡野雄志税理士事務所では7月14日、当事務所の顧客100件の相続時の申告書類を調査・分析いたしました。

その結果、上記の死亡退職金を受け取った方の割合は、19%と判明いたしました。

生命保険の活用率

相続税の課税対象となる死亡退職金とは?

すでに述べたように、退職金は、遺族が受け取った場合でなおかつ被相続人の死亡後3年以内に支給が確定した場合、相続税の課税対象となります。
しかし、退職金の全額が相続税の対象となるわけではなく、非課税枠も設けられています。

非課税限度額は以下の式より求められます。

非課税分 = 500万円 × 法定相続人の数

調査結果によれば、控除の平均額は「1,119万円」でした。


小規模企業共済を使った相続税対策

「小規模企業共済」は、国が運営する個人事業主や中小企業の役員向けの退職金制度です。
安全かつ有利な税制が設けられている「小規模企業共済」は、相続税対策として非常に有用です。

生前、共済金を受取ることなく亡くなって相続人が共済金を受け取った場合、「死亡退職金」とみなされ、上記の控除が受けられます。

条件に当てはまる方は「小規模企業共済」の利用を検討してみると良いでしょう。

[ , ]

最新ブログ記事

相続税専門の税理士に
相談する

相続のご相談はこちらから 相続税のご相談はこちらから

営業時間は9:00~17:45です。(新横浜駅徒歩2分、横浜から電車で8分)

面談は原則、平日9:00~17:45、土曜9:00~17:45でお受けしております。

相続税の還付は無料出張相談もしておりますのでまずはご相談ください。

お客様のご状況に応じて
対応いたします

  • 生前の
    相続税対策

    相続税対策とは?特例を活用した7つの対策方法を解説

  • 相続時の
    相続税申告

    相続税申告が1から10までよくわかる!賢く相続するためのガイド

  • 相続後の
    相続税の還付

    相続税還付が1から10までよくわかる!賢く取り戻すためのガイド

  • 急な対策
    税務調査

    相続税の税務調査とは?対象になる人、受けやすい人を解説

神奈川県の相続についての参考情報

相続税額、路線価、税務署など、各地域の相続税の申告に関連する情報はこちらから

サイトマップサイトマップを開く/閉じる