相続専門の横浜の税理士。相続税のご相談は確かな実績を誇る当税理士事務所へ。

2017年06月23日

【速報】広大地の改正内容が発表されました!

平成29年6月22日木曜日、【「財産評価基本通達」の一部改正(案)】の改正案のパブリックコメントが発表されました。

これによって、昨年、平成28年12月8日に自由民主党・公明党によって発表された「平成29年度税制改正大綱」の詳細が明らかになりました。

ここでは、この改正によって広大地の評価がどう変わるのかについて、解説します。

以下、首都圏(三大都市圏)に1,000㎡の広大地を所有していると仮定します。

現行の広大地補正率

まず、現行の広大地補正率は次の通りです。

広大地補正率 = 0.6-0.05×1,000/1,000
       = 0.55

よって、減額率は、1-0.55 = 0.45 となります。

従って、土地は45%もの減額が受けられます。

新たに導入される補正率(規模格差補正率)

次に、この改正により導入される新補正率(規模格差補正率)を計算します。

規模格差補正率 = 1,000×0.90+75/1,000×0.8
        = 0.78

よって、減額率は、1-0.78=0.22 となります。

なんと、22%しか減額されないことになってしまいます。

この新しい補正率(規模格差補正率)は来年、平成30年1月1日以後の相続等により取得した財産の評価から適用されます。

それまでにできる対策はないのでしょうか?

規模格差補正率が適用されるまでにしておくべき対策

実は、『相続時精算課税制度』を使って平成29年12月31日までに生前贈与をしておけば、現行の大きな減額を受けたままで後世に繋ぐことができるのです。

広大地をお持ちの方でこの制度が気になる方は、ぜひ当事務所にご相談ください。

[ ]

最新ブログ記事

相続税専門の税理士に
相談する

相続のご相談はこちらから 相続税のご相談はこちらから

営業時間は9:00~17:45です。(新横浜駅徒歩2分、横浜から電車で8分)

面談は原則、平日9:00~17:45、土曜9:00~17:45でお受けしております。

相続税の還付は無料出張相談もしておりますのでまずはご相談ください。

お客様のご状況に応じて
対応いたします

  • 生前の
    相続税対策

    相続税対策とは?特例を活用した7つの対策方法を解説

  • 相続時の
    相続税申告

    相続税申告が1から10までよくわかる!賢く相続するためのガイド

  • 相続後の
    相続税の還付

    相続税還付が1から10までよくわかる!賢く取り戻すためのガイド

  • 急な対策
    税務調査

    相続税の税務調査とは?対象になる人、受けやすい人を解説

神奈川県の相続についての参考情報

相続税額、路線価、税務署など、各地域の相続税の申告に関連する情報はこちらから

サイトマップサイトマップを開く/閉じる