土地評価の節税対策例の記事一覧 | 相続税の申告・還付なら相続税専門の税理士。新横浜より徒歩2分、横浜・東京を拠点に全国へ

豊富な事例で解説する相続税の土地の評価における節税。「土地の価値」なら、知識と経験のある税理士をお選びください!

豊富な事例で解説する相続税の土地の評価における節税。「土地の価値」なら、知識と経験のある税理士をお選びください!(スマホ版)

記事一覧

  • 開発基準面積に満たない土地

    対象の土地のイメージ 開発基準面積に満たない広大地とは 主に市街地にあって、戸建住宅を何件も建てられるような、広い土地のことです。広大地の要件は次の3つです。 ①その地域の標準よりも広い土地(目安として、三大都市で500㎡以上、その他で1,000㎡以上) ②工場やマンションを建てるのに適していない土地 ③戸建分譲を想定した時、道路を造らなければならない土地 今回の場合、要件の③に当てはまらないため…続きを読む

    [ 土地評価の節税例 ]

  • 市街化調整区域にある土地

    対象の土地のイメージ 市街化調整区域にある広大地とは 主に市街地にあって、戸建住宅を何件も建てられるような、広い土地のことです。広大地の要件は次の3つです。 ①その地域の標準よりも広い土地(目安として、三大都市で500㎡以上、その他で1,000㎡以上) ②工場やマンションを建てるのに適していない土地 ③戸建分譲を想定した時、道路を造らなければならない土地 今回の場合、要件の③に当てはまらないため、…続きを読む

    [ 土地評価の節税例 ]

  • マンションが建っている広い土地

    対象の土地のイメージ マンションが建っている広大地とは 主に市街地にあって、戸建住宅を何件も建てられるような、広い土地のことです。広大地の要件は次の3つです。 ①その地域の標準よりも広い土地(目安として、三大都市で500㎡以上、その他で1,000㎡以上) ②工場やマンションを建てるのに適していない土地 ③戸建分譲を想定した時、道路を造らなければならない土地 今回の場合、要件の②に当てはまらないため…続きを読む

    [ 土地評価の節税例 ]

  • 市街地の山林

    対象の土地のイメージ 相続税が減額されるポイント 市街地に傾斜が20°以上ある山林をお持ちの方は、大幅に相続税評価を減額できる可能性があります。 傾斜があまりにも急な土地は、宅地化が困難であるため、付近の山林の地価を基準に評価します。 土地の評価に詳しくない税理士は、宅地化が困難な傾斜がどのくらいなのかを判断できないため、宅地価額で相続税申告してしまうケースが多いのです。 宅地価額ではなく、付近の…続きを読む

    [ 土地評価の節税例 ]

  • 河川に面している土地

    対象の土地のイメージ 相続税が減額されるポイント 以下のような、河川や水路が宅地と道路との間にある場合、相続税評価額を減額できる可能性があります。 1.通行するために河川や水路に橋を架ける必要がある 2.通行するために河川や水路に蓋をする必要がある 通行するために河川や水路に橋を架ける必要がある場合 無道路地として評価されるため、橋の架設費用相当額が控除されます。 従って、大幅に相続税評価額が減額…続きを読む

    [ 土地評価の節税例 ]

  • 実際の土地の面積が登記簿情報より小さい土地

    対象の土地のイメージ 相続税が減額されるポイント 不動産の登記簿(登記事項証明書)は法務局で閲覧できますが、登記されている面積が実際の土地の面積とは限りません。 明治時代の初期は測量技術が特に、未熟でした。 この時代に土地が測量されていた場合は、現在も不正確な面積が登記簿に記載されている可能性があります。 このように、実際の土地の面積よりも登記簿に記載されている土地の面積が小さいことを縄縮みと言い…続きを読む

    [ 土地評価の節税例 ]

  • 高低差のある土地

    対象の土地のイメージ 相続税が減額されるポイント 道路との高低差が著しい宅地は、以下の理由から、「著しい利用価値の低下」があると見なされます。 ・車が入ることができない ・階段を使って出入りしなければならない このとき、相続税評価額を10%減額できます。 ただし、具体的にどれくらいの高低差があれば「著しい利用価値の低下」と見なされるのかの明確な基準はありません。 周囲に比べて高低差がある土地をお持…続きを読む

    [ 土地評価の節税例 ]

  • 広大地(周りに比べて広い土地)

    対象の土地のイメージ 2018年相続分より広大地評価が廃止されます。詳しくはこちら 広大地とは 主に市街地にあって、戸建住宅が何件も建つような広い土地のことです。 広大地の要件は次の3つです。 ①その地域の標準よりも広い土地(目安として、三大都市で500㎡以上、その他で1000㎡以上) ②大規模な工場やマンションを建てるのに適していない土地 ③戸建分譲を想定した時、新たに道路を作る必要がある土地 …続きを読む

    [ 土地評価の節税例 ]

  • 形のいびつな土地(不整形地)

    対象の土地のイメージ 相続税が減額されるポイント 土地の評価は、その土地の使い勝手のよさで判定されます。 道路に対してななめだったり、一部分だけ出っ張っているようないびつな形の土地は、正方形の土地に比べて使いづらいですね。 形のいびつで使いづらい土地を不整形地といい、土地の評価額を下げることができます。 下の図のように一見使い勝手がよさそうな土地でも、長方形や正方形でない限り、土地の値段を下げるこ…続きを読む

    [ 土地評価の節税例 ]

ボタンを押すと電話できます。お気軽にお問い合わせください