分かりやすく解説、相続税の知識
分かりやすく解説、相続税の知識

相続税とは?わかりやすく解説します!

公開日:2020/07/30
更新日:2020/07/31
相続税の知識
タグ:

岡野雄志税理士
岡野雄志税理士

そもそも相続税って?

相続税とは、亡くなった人(被相続人)が遺した財産の総額が一定額を超えた場合、それを引き継ぐ際に課せられる税金のこと。

引き継ぐ財産の額に応じて、民法によって定められた相続人(法定相続人)や、遺言によって引き継ぐことになった人(受遺者)に課せられます。相続税の申告が必要か不要かについては、税務署から連絡がくるとは限りませんので、しっかりと自分自身で判断しなければなりません。

贈与税とは?

贈与税は、個人が贈与により財産を取得した際に、その取得した財産に課せられる税金です。この贈与税ですが、相続税を補完する役割を果たしています。生前に贈与することで相続税の課税を逃れようとする行為を防いでいるのです。
よって、贈与税の税率は相続税よりも高めに設定されています。

相続税の申告が必要な人、不要な人とは?

■財産総額が基礎控除額以上の場合

相続税の申告が必要かどうかを知るためにはまず、基礎控除額がいくらとなるか計算しましょう。

相続税の基礎控除額=3,000万円+ 600万円×法定相続人の数

例えば、法定相続人が2人の場合の基礎控除額はいくらになるでしょう

相続税の基礎控除額は4,200万円(3000万円+(600万円×2))となります。

つまり、この場合は、被相続人の財産総額が4,200万円を超えていたら、相続税の申告が必要となります。

ただし、死亡保険金や死亡退職金の非課税枠や障害者控除などを、上記の基礎控除額に上乗せして納税額から引くことができます。
それらの特例や控除を使い、相続税額が0円になる場合には、申告も納税も不要です。
一方、配偶者の税額の軽減や小規模宅地の特例など、特例を用いることにより相続税がかからずにすむという場合は、申告が必要です。

法定相続人の数 1人 2人 3人 4人 5人
基礎控除額
(単位:万円)
3,600 4,200 4,800 5,400 6,000

■財産の総額の出し方(財産評価の方法)

財産には現金・預貯金などのほかに、不動産や貴金属など価値がひと目でわからないものも含まれます。その価値を評価する際には、基本的に、被相続人が亡くなった日の時価を基準にします。
国税庁が評価方法を記載した財産評価基本通達を発表していますので、それに従って算出していきましょう。

■申告が必要な人はどれくらいいるのか

平成29年に全国で亡くなった人は約134万人です。そのうち申告が必要な人は、特例などの適用により相続税が課税されずにすんだ人も含め、全国で約14万4,000人(10.7%)でした。相続税はとても身近な税ということがいえます。

相続税申告の流れ・期限

相続税の申告は、相続人が、被相続人の住所を管轄している税務署で行います。
納付の際は、現金での一括払いが原則で、申告と納付の期限は、被相続人が亡くなった日の翌日から10カ月以内となっています。

相続税申告までの流れ、期限の目安

  • 【死亡後すぐ】
    死亡届の提出
    死亡診断書の提出
    保険証の返却
    年金の受給停止など
  • 【早めに】
    遺言の確認
    書類の収集
    各種支払い停止
    各種契約解約 など
  • 【3か月以内に】
    相続放棄の期限
  • 【4ヶ月以内に】
    準確定申告の期限
  • 【10ヶ月以内に】
    相続税申告の期限

■相続税を納める人

  • (1)財産を引き継いだ相続人
  • (2)遺言により財産を引き継いだ受遺者
  • (3)相続を放棄したが、保険金を受け取った相続人
  • (4)被相続人から生前3年以内に贈与を受けた相続人

税務調査って?

税務調査とは、相続税、法人税、所得税などについて提出した申告書の内容が正しいかどうか、税務署の調査官が実際に確認しにくることです。万が一、虚偽の申告や内容の漏れなどが見つかれば、加算税というペナルティを課せられます。

■どれくらいの割合で入るのか

平成29年(2017年)の税務調査の実施割合をみると、法人税3.4%、所得税0.33%(簡易な接触を除く)、相続税9.5%となっています。相続税は、非常に高い確率で税務調査が行われていることがわかります。
また、相続税は法人税や所得税に比べ、1件当たりの追徴税額が高額になりやすいのも特徴です。平成29年の平均追徴税額は、623万円です。相続は人生で何度も経験することではないため、慣れない申告で漏れ等が発生しやすいのです。

■税務調査が入りやすい人

  • (1)現金、預貯金の流れに不明瞭な点がある人
  • (2)申告書のレベルが低い人(手書きで作成した申告書など)
  • (3)納税額が高い富裕層
  • (4)金融資産を多く相続した人
  • (5)税理士をつけず、自分で相続税を申告した人
  • (6)相続人間でもめて、それぞれ別々に申告書を提出した人
  • (7)相続税がかかるのに無申告の人

の記事をもっとみる

よく読まれている記事

この記事に関連する記事

相続税の計算方法とは?

相続税のかかる範囲とその計算方法や相続税の総額を按分する方法を解説します。 相続税のかかる範囲の特定…続きを読む

相続税の申告が必要になる人が大幅に増加!平成27年度税制改正を徹底解説

平成27年の税制改正により、相続税の課税対象者が増えます。今までは「お金持ちの税金」というイメージの…続きを読む

改正法令を施行日順に押さえよう – 令和元年の相続法改正

平成31年(2019年)1月13日~ 自筆証書遺言の方式緩和 令和元年(2019年)7月1日~ 婚姻…続きを読む

相続税を税理士へ相談なら、
相続専門の岡野雄志税理士事務所へ

岡野雄志税理士

相続税専門の岡野雄志税理士事務所

税理士

岡野 雄志

相続税専門の税理士。
早稲田大学商学部卒業。
2005年に神奈川県横浜市の新横浜に事務所を開設して以来、横浜に限らず全国各地の相続分野の案件を1690件以上手がけてきました。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

相続税のことならお任せください

まずは無料のご相談・お見積りから

平日・土曜20時まで、全国対応
無料の相談/面談
を実施中です。詳しくはこちら

忘れたころにやって来る?相続税の税務調査の連絡が来るのは1年後の夏から秋が多いトップへ