国税庁、平成30年分の確定申告状況等について発表!申告納税額は4年連続で増加

2019年06月07日 [ ]

国税庁は5月30日、ホームページに「平成30年分の所得税、消費税及び贈与税の確定申告状況等について」を発表しました。

申告人員は2,222万人で、前年より24万1千人増加(対前年⽐+1.1%)しています。そのうち申告納税額がある方は638万4千人で前年より微減(▲0.4%)したものの、申告納税額は前年を2.5%上回る3兆2,826億円と増加しました。

贈与税の申告状況をみると、暦年課税を適用した申告人員は45万1千人(前年比△2.3%)と前年に比べ減少しましたが、申告納税額は2,504億円(同+43.3%)と増加。
相続時精算課税制度では、制度を適用した申告人員は4万2千人(前年比△4.7%)、申告納税額は284億円(同△14.1%)といずれも前年から減少しています。

父母や祖父母などから住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税制度を適用した申告者は、5万8千人(同△0.3%)と減少し、住宅取得等資金の金額は4,818億円(同△3.2%)、うち非課税の適用を受けた金額は4,467億円(同△2.2%)と、いずれも平成29年分と⽐較すると減少という結果が出ています。

に関連する記事をもっとみる

この記事に関連する記事

遺言に不安がある時役立つ「遺言信託」。作成費や執行報酬を節約するには?

円満な相続のために、「きちんとした遺言書」を作成しようと思われる方も多いかと思います。 ここでは、遺…続きを読む

必ずしも節税できるとはいえない賃貸経営の現実。将来を見据えた計画を

大幅な節税効果と現金収入が魅力の賃貸経営とは? なぜ賃貸経営が節税になるのか? 相続税の節税対策とし…続きを読む

養子も相続人に含まれる。節税になるがトラブルの原因にも…。事前に対策を考えて

養子縁組とは?養子縁組がなぜ節税になるの? 昔から相続税の節税対策として語られることの多い「養子縁組…続きを読む

相続税専門で国内屈指の実績
税理士へ相続相談なら
岡野雄志税理士事務所へ

神奈川県横浜市の新横浜を拠点に全国に対応しています。2005年の創業以来、相続税分野の案件を1000件以上手がけ、売上の99%以上が相続税の、国内でも数少ない真の相続税を専門に取り扱う税理士事務所です。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

事務所入口業務風景

事務所紹介をみる

約7割の方が相続税を払い過ぎています

日本NO.1の実績を誇る1,192件以上(令和2年3月11日現在)もの日本全国のお客様の相続税を取り戻すことに成功しています。

相続が発生している方は相続税申告で相続税を払い過ぎない。

相続税申告のサービス内容と料金

申告後でも5年以内であれば払い過ぎた相続税は取り戻せます。

相続税還付のサービス内容と料金

相続税還付の事例紹介

国税庁、平成30年分の確定申告状況等について発表!申告納税額は4年連続で増加トップへ