国税庁、平成30年分の確定申告状況等について発表!申告納税額は4年連続で増加

2019年06月07日 [ ]

国税庁は5月30日、ホームページに「平成30年分の所得税、消費税及び贈与税の確定申告状況等について」を発表しました。

申告人員は2,222万人で、前年より24万1千人増加(対前年⽐+1.1%)しています。そのうち申告納税額がある方は638万4千人で前年より微減(▲0.4%)したものの、申告納税額は前年を2.5%上回る3兆2,826億円と増加しました。

贈与税の申告状況をみると、暦年課税を適用した申告人員は45万1千人(前年比△2.3%)と前年に比べ減少しましたが、申告納税額は2,504億円(同+43.3%)と増加。
相続時精算課税制度では、制度を適用した申告人員は4万2千人(前年比△4.7%)、申告納税額は284億円(同△14.1%)といずれも前年から減少しています。

父母や祖父母などから住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税制度を適用した申告者は、5万8千人(同△0.3%)と減少し、住宅取得等資金の金額は4,818億円(同△3.2%)、うち非課税の適用を受けた金額は4,467億円(同△2.2%)と、いずれも平成29年分と⽐較すると減少という結果が出ています。

相続税を相談するなら岡野雄志税理士事務所へ

神奈川県横浜市に拠点を構える当税理士事務所は、売上の99%以上が相続税の、国内でも数少ない、真の相続税を専門に取り扱う税理士事務所です。
創業以来、日本NO.1の実績を誇る1,060件以上(令和元年12月20日現在)もの日本全国のお客様の相続税を取り戻すことに成功してきました。

事務所入口業務風景

事務所紹介をみる

約7割の方が相続税を払い過ぎています

相続税に強い税理士に相談して相続税を払い過ぎない。

相続税申告のサービス内容と料金

納税後でも払い過ぎた相続税は取り戻せます。

相続税還付のサービス内容と料金

相続税還付の事例紹介

この記事のブログカテゴリー

国税庁、平成30年分の確定申告状況等について発表!申告納税額は4年連続で増加トップへ