法定後見人制度-2(保佐について)

2018年07月20日 [ ]

法定後見人制度-2(保佐について)

成年後見人制度とは、本人の判断能力が衰えた際、第三者が代わりに財産を管理したり、身上の監護を行うための制度です。

成年後見人制度には、「法定後見人制度」と「任意後見人制度」の2種類があります。更に、法定後見人制度には「補助」「保佐」「後見」の3つのパターンがあります。

今回はそのうちの「保佐」についてご紹介致します。

保佐人とは、本人の判断能力が著しく不十分な場合に選任されるものです。本人は重要な法律的行為について、家庭裁判所の選んだ保佐人の同意がなければできません。

具体的には、下記のようなケースです(民法13条1項より)。

① 元本の領収・利用
② 借財や保証
③ 不動産等の重要な財産処分など
④ 訴訟行為
⑤ 贈与・和解、仲裁合意
⑥ 相続の承認・相続放棄・遺産分割
⑦ 贈与の拒絶、遺贈の放棄
⑧ 新築、改築増築や大修繕
⑨ 第602条に定める期間より長い賃貸借契約

後見人のように、本人の代理人としての権利は持ちませんが、相続や贈与等、個々の場面で個別に代理権を認めてもらうことが可能です。

本人の財産や権利を保護するためにも、誰を保佐人として選ぶかは非常に重要です。
法定後見人制度について不安がある方は税理士等専門家への相談も検討してみてください。

岡野雄志

に関連する記事をもっとみる

この記事に関連する記事

教育資金の一括贈与が非課税に。思わぬ落とし穴も…。どんな人に合う制度?

平成25年4月から「教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置(以下、教育資金の非課税制度)」が始ま…続きを読む

遺言書を書こう-6(遺言信託)

今日は遺言信託についてご紹介します。 遺言書 専門家選びのコツ(遺言信託) 遺言書を作成するにあたっ…続きを読む

イニエスタの所得税は年俸の半分の15億。これって多い?それとも相応?

イニエスタ選手のヴィッセル神戸との契約が決まり、先日母国スペインからはるばる来日しました。契約内容は…続きを読む

相続税専門で国内屈指の実績
税理士へ相続相談なら
岡野雄志税理士事務所へ

神奈川県横浜市の新横浜を拠点に全国に対応しています。2005年の創業以来、相続税分野の案件を1000件以上手がけ、売上の99%以上が相続税の、国内でも数少ない真の相続税を専門に取り扱う税理士事務所です。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

事務所入口業務風景

事務所紹介をみる

約7割の方が相続税を払い過ぎています

日本NO.1の実績を誇る1,192件以上(令和2年3月11日現在)もの日本全国のお客様の相続税を取り戻すことに成功しています。

相続が発生している方は相続税申告で相続税を払い過ぎない。

相続税申告のサービス内容と料金

申告後でも5年以内であれば払い過ぎた相続税は取り戻せます。

相続税還付のサービス内容と料金

相続税還付の事例紹介

法定後見人制度-2(保佐について)トップへ