遺言書を書こう-5(遺言書の作成)

2018年07月02日 [ ]


今日は遺言書の作成についてご紹介します。

遺言書 専門家選びのコツ

遺言書を作成するにあたって誰に相談するのが最適なのでしょうか。

一般的には、弁護士、司法書士、信託銀行、税理士のいずれかに相談するケースが多いです。今回は弁護士に相談した場合のメリット・デメリットについてご紹介致します。

まず、弁護士の主な業務は「訴訟」に関する手続きです。
遺産相続で争いになってしまった場合、もしくは争いになりそうな場合は、彼らは交渉、訴訟手続き等といった法律のプロですので、相談するのに適しています。

ただ、税金のプロではないので、実際に相続人が納めるべき相続税の事まで考慮に入れて、遺言書作成の相談に応じる弁護士は非常に少ないと言えます。実際に相続が発生した際、納めるべき相続税の額に驚く事があるかもしれません。なぜなら、相続税の節税は弁護士の本来の業務外の事だからです。

中には相続税の節税対策についても相談に応じてくれる弁護士もいるかもしれません。しかし、本来の業務外の事であり、相続税のプロからみても、十分な知識が不足している事が少なくない為、加えて相続税に詳しい税理士に依頼する事になる可能性は高いです。

本来の専門外の事を行う事で、余計に話がこじれてしまったり、多額の相続税の存在に気づいてから後悔してしまわないよう、相続税のプロである税理士にご相談される事を強くお勧めします。

岡野雄志

に関連する記事をもっとみる

この記事に関連する記事

遺言書を書こう-2(自筆証書遺言)

今日は自筆証書遺言についてご紹介します。 自筆証書遺言に改正の動き 現在、自筆証書遺言は全文を自分で…続きを読む

法定後見人制度-3(補助について)

法定後見人制度-3(補助について) 今回は、法定後見人制度の中でも「補助」についてご紹介致します。 …続きを読む

任意後見人制度について

任意後見人制度について ここまで3回にわたり成年後見人制度について解説してきましたが、今回が最後にな…続きを読む

相続税専門で国内屈指の実績
税理士へ相続相談なら
岡野雄志税理士事務所へ

神奈川県横浜市の新横浜を拠点に全国に対応しています。2005年の創業以来、相続税分野の案件を1000件以上手がけ、売上の99%以上が相続税の、国内でも数少ない真の相続税を専門に取り扱う税理士事務所です。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

事務所入口業務風景

事務所紹介をみる

約7割の方が相続税を払い過ぎています

日本NO.1の実績を誇る1,192件以上(令和2年3月11日現在)もの日本全国のお客様の相続税を取り戻すことに成功しています。

相続が発生している方は相続税申告で相続税を払い過ぎない。

相続税申告のサービス内容と料金

申告後でも5年以内であれば払い過ぎた相続税は取り戻せます。

相続税還付のサービス内容と料金

相続税還付の事例紹介

遺言書を書こう-5(遺言書の作成)トップへ