遺言書を書こう-2(自筆証書遺言)

2018年06月26日 [ ]


今日は自筆証書遺言についてご紹介します。

自筆証書遺言に改正の動き

現在、自筆証書遺言は全文を自分で書く事になっており、
指定の形式に即していなければ無効になる等、使いづらい部分があります。

しかし、この使いづらさを緩和するための動きがあります。
具体的にどのように緩和されるのか、現段階での民法改正案についてご紹介したいと思います。

まず現段階では、自筆証書遺言は、全て遺言者本人の手書きで書く事が条件の1つとなっています。
手が自由に使えない等、自分で字を書く事が難しい方にとっては、非常に厳しい条件であると言えますよね。

これが、パソコンで書いたり、代筆を依頼したとしても有効になるよう緩和される予定です。

続いて、保管制度についても創設する事が考えられています。
せっかく遺言書を作成したのに、遺言書を見つけてもらえず、遺言者の意思が反映されない状況も現状あり得ます。

そのような状況を防ぐために、
法務局で遺言書の原本を保管する制度を創設しようとしています。

更には、遺言書の中で変更した箇所には、「署名及び押印」が必要とされていたところが、署名だけで有効となるよう緩和されます。

遺言者の意思が反映されるよう、専門家としても出来る限りのアドバイスをさせて頂きたく存じます。

岡野雄志

に関連する記事をもっとみる

この記事に関連する記事

遺言書を書こう-1(公正証書遺言)

遺言書は全部で3種類存在しますが、今日はそのうちの公正証書遺言についてご紹介します。 公正証書遺言の…続きを読む

どのくらいの財産を相続するか知りたいときに。法定相続分ってなに?

前回は法律で定められた相続人は誰かどうか、つまり法定相続人について解説しました。ここではそれぞれの法…続きを読む

円滑な終活に必須のアイテム!「エンディングノート」って何?

「エンディングノート」って何? 自分の人生の記録や、ご家族へ伝えたい事を記入できる「エンディングノー…続きを読む

相続税専門で国内屈指の実績
税理士へ相続相談なら
岡野雄志税理士事務所へ

神奈川県横浜市の新横浜を拠点に全国に対応しています。2005年の創業以来、相続税分野の案件を1000件以上手がけ、売上の99%以上が相続税の、国内でも数少ない真の相続税を専門に取り扱う税理士事務所です。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

事務所入口業務風景

事務所紹介をみる

約7割の方が相続税を払い過ぎています

日本NO.1の実績を誇る1,192件以上(令和2年3月11日現在)もの日本全国のお客様の相続税を取り戻すことに成功しています。

相続が発生している方は相続税申告で相続税を払い過ぎない。

相続税申告のサービス内容と料金

申告後でも5年以内であれば払い過ぎた相続税は取り戻せます。

相続税還付のサービス内容と料金

相続税還付の事例紹介

遺言書を書こう-2(自筆証書遺言)トップへ