分かりやすく解説、相続税の知識
分かりやすく解説、相続税の知識

「開発許可面積未満でも広大地評価可能」記事が全国賃貸住宅新聞に掲載されました。

公開日:2019/10/09

相続税の知識

岡野雄志税理士
岡野雄志税理士

「開発許可面積未満でも広大地評価可能」についての当事務所所長の記事が全国賃貸住宅新聞に掲載されました。

の記事をもっとみる

この記事に関連する記事

「区画整理土地には5%評価減可」記事が全国賃貸住宅新聞に掲載されました。

「区画整理土地には5%評価減可」についての当事務所所長の記事が全国賃貸住宅新聞に掲載されました。

「線路や踏切に面した土地」の記事が全国賃貸住宅新聞に掲載されました。

全国賃貸住宅新聞に「線路や踏切に面した土地」についての所長の記事が掲載されました。

「高圧線下の土地は30%または50%減額」の記事が全国賃貸住宅新聞に掲載されました。

全国賃貸住宅新聞に「高圧線下の土地は30%または50%減額」についての所長の記事が掲載されました。

相続税を税理士へ相談なら、
相続専門の岡野雄志税理士事務所へ

岡野雄志税理士

相続税専門の岡野雄志税理士事務所

税理士

岡野 雄志

相続税専門の税理士。
早稲田大学商学部卒業。
2005年に神奈川県横浜市の新横浜に事務所を開設して以来、横浜に限らず全国各地の相続分野の案件を1690件以上手がけてきました。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

相続税のことならお任せください

まずは無料のご相談・お見積りから

平日・土曜20時まで、全国対応
無料の相談/面談
を実施中です。詳しくはこちら

忘れたころにやって来る?相続税の税務調査の連絡が来るのは1年後の夏から秋が多いトップへ