分かりやすく解説、相続税の知識
分かりやすく解説、相続税の知識

電話1本で終わる調査も。相続税の税務調査の種類あれこれ

公開日:2018/07/09
最終更新日:2020/07/01
相続税の知識
タグ:


税務調査といったら思いつくのは、調査官が突然家に入ってきて強制的にそこら中を捜索されるといったニュースやドラマでの印象が強いのではないでしょうか。

相続税の税務調査となると他の税金よりも財産や土地などといったプライベートが関わるため、調査官による詮索に対して正直なところ気が引けてしまうものです。
しかし、税務調査といっても一概に強制的なものではなく、電話1本で済んでしまうなど程度の軽いものもあります。税務調査にはどのようなものがあるか、ご紹介します。

税務調査の種類

税務調査の調査方式には、強制調査と任意調査の2つの種類があります。相当悪質な脱税でない限り、ほとんどの場合は任意調査として行われます。

強制調査

国税局査察部(通称「マルサ」)が脱税の疑いがある納税者に対して、裁判所の令状に基づいて強制的に行われる税務調査が強制調査です。納税者はこの調査を拒否できません。

マルサが令状を持ってやってくる、といったテレビドラマやニュースなどでよく見かけるのがこの強制調査です。税務調査といえばこちらのイメージを持つ人が多いはず。しかし、強制調査が行われるのはごくわずかで、税務調査件数のうちの1%ほどにすぎません。

相続税の税務調査で強制調査が行われるきっかけは、身内からのタレコミがほとんど。時々国税庁から「押し入れの中に可動式の隠し金庫がある」「池の底が二重になっている」などの脱税案件が発表されることがありますが、このような案件はタレコミからしかわかりません。

任意調査

任意調査は、国税局査察部や管轄税務署の調査官によって、納税者の同意のもとで行われる税務調査のことをいいます。一般的に行われる税務調査のほぼ99%近くがこの任意調査です。

納税者の同意のもとで行われる税務調査といっても、調査官の質問に対して納税者がうそを言った場合には罰則があります。とはいえ、あまりにもプライベートなことには答えなくても良いことが前提ですが、法人税などと違って相続税はどうしてもプライベートなことに関わらなくてはいけません。そのため、調査官に対して「それは相続税の調査に関係ないことなので答えません」という弁解を言いにくいのが現状です。

実地調査だけでなく電話1本で済む税務調査もある

税務調査と聞くと、自分の家に調査官がやってくるというイメージが強いです。しかし、税務調査の方法は実地調査を行うものから電話だけで済む場合までさまざまあります。

税務署に呼び出されるパターン

相続人や税理士が税務署に呼び出されて、その場でいくつか質問を受けます。

電話だけで終わるパターン

税務署に呼び出されるよりもさらに軽いパターンとして電話で済む税務調査があります。電話や税務署への呼び出しも1つの税務調査としてカウントされるので、それらが無事に終了すれば二度と税務調査は来なくなります。このような税務調査で済めばしめたものです。

実地調査の厳しさはやってくる調査官によって違う

税務署に呼び出されたり、電話で終わったりする場合と違い、実地調査ではどのくらいの年齢の調査官がやってくるかによって調査の厳しさの程度が変わります。

定年間近の調査官の場合、出世欲がないためにモチベーションが低くなり、ふつうなら1日かけて終わる実地調査であってもすぐに終わることも。比較的ラクな調査で済むことが多いです。

次にベテラン調査官と新人調査官の2人組で来た場合、その調査はほぼ新人研修のためにあると言えるでしょう。ベテラン調査官が新人調査官に教えながら調査するスタイルになるため、手際が悪く時間がかかるケースが多くなります。

そして、一番厳しいのは異動したての調査官による実地調査です。異動してきたばかりの調査官はモチベーションが高く追徴なしで済まされることがめったにありません。調査に向けて万全の証拠をつかんでやって来るので怖いものなし、鬼に金棒ですよね。

税務調査の程度はさまざま。とはいえ気を抜かずに臨もう

頑なとして調査を拒めない強制調査から、電話だけで済むものまで、税務調査の厳しさの程度はさまざまあります。
たしかに悪質な脱税を意図的にしたのならば、強制調査が入るのも因果応報でしょう。とはいっても税務調査が入る原因のほとんどは相続人の意図しないミスによるものです。
たとえ電話1本で済む調査であっても、調査官がやって来る実地調査であっても、同じ税務調査には変わりありません。どんな場合であっても決してうそやごまかしをすることなく、税務調査に臨むのがベストです。

に関連する記事をもっとみる

この記事に関連する記事

土地よりもお金を多く相続した人こそ気を付けて。税務調査が入りやすい人って?

税務調査といえばニュースで報道される有名人や有名企業の脱税のイメージが強く、主に所得税や法人税が対象…続きを読む

相続における遺産分割とは?

相続人が2人以上いる場合、遺産を分ける必要があります。対象になる遺産やその分け方を解説します。 遺産…続きを読む

相続税の税務調査でチェックされる物とは?財産の場所を嗅ぎ分ける調査官には敵わない

相続税の税務調査は所得税や法人税よりも厳しいチェックが入ります。調査官が個人宅に入るだけでなく、被相…続きを読む

相続税を税理士へ相談なら、
相続専門の岡野雄志税理士事務所へ

岡野雄志税理士

相続税専門の岡野雄志税理士事務所

税理士

岡野 雄志

相続税専門の税理士。
早稲田大学商学部卒業。
2005年に神奈川県横浜市の新横浜に事務所を開設して以来、横浜に限らず全国各地の相続分野の案件を1690件以上手がけてきました。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

相続税のことならお任せください

まずは無料のご相談・お見積りから

相続税のプロが応える
無料面談・電話相談
を実施中です。詳しくはこちら

電話1本で終わる調査も。相続税の税務調査の種類あれこれトップへ