相続税専門の岡野相続税理士法人

新横浜事務所(新横浜駅より徒歩5分)

東京駅事務所(東京駅より徒歩1分)

採用情報はこちら

相続税専門の税理士/横浜を拠点に全国対応

相続税に強い税理士の比較方法とチェックすべきポイント

最終更新日:

相続税のことを税理士に相談したいけど、「税理士の選び方に悩んでいる」という人は多いのではないでしょうか。

実は税理士にも専門分野があります。相続税専門でない税理士を選んでしまったがために、大きな損をしてしまったというケースは非常に多いです。

本記事では「相続税専門の税理士の比較方法」「比較後の相談で必要となる書類」を解説します。
この記事を読めば、正しい税理士の選び方がわからないといった悩みが解消されます。

相続税で損したくない方は、まずは無料相談をおすすめしています。
自宅にいながら相談可能ですので、お気軽にご連絡ください。

\相続税でのお悩みを解決いたします/

相続には相続税専門の税理士を探して比較するのが重要

 相続の相談.
まず、相続税申告の対応を依頼するなら、相続税を専門にしている税理士を見つけましょう。

相続税が専門でない税理士同士を比較しても意味がありません。
なぜなら、相続税は相続に特化した専門知識が必要になるからです。

特に土地評価では、税理士でも間違った計算をして申告してしまう事例もあります。
税理士によっては相続税の申告経験がない場合もありますので、必ず相続税に強い税理士を探しましょう。
相続税申告の税理士の選び方

ホームページを見て相続税専門の税理士を探す

不動産の評価
まずは「相続税 強い 税理士」「相続税 専門 税理士」などのキーワードを、インターネット上で検索しましょう。
相続税専門の税理士事務所を、少なくとも2〜3軒探すのがおすすめです。

中には、相続税専門をうたいながらメインは違う税金を取り扱っている場合もあります。
税理士事務所のホームページでは、以下のポイントをチェックしましょう。

  • ホームページのトップに「相続税」と書いてあること
  • 相続税の対応実績が大きく書いてあること
  • 相続税以外(税務・会計・起業など)のサービスが書かれていないこと

以上の点をチェックすれば、相続税を専門として対応しているかどうかが判断できます。

相続税対応の経験と実績の豊富さで比較する

信頼できる税理士
相続税専門の税理士事務所を見つけられたら、以下の情報を確認しましょう。

  • 相続税は何年くらい担当しているか
  • 年間にどのくらいの相続案件をこなしているか

案件数に関しては、相談件数だけでなく、相続税申告した件数を確認してください。

併せて、相続税の還付(過払いになっていた税金を取り戻すこと)実績を参考にすると良いでしょう。
なぜなら、相続税の還付を受けるには他の税理士が申告した相続税申告書を見直して、正しい相続税を計算し直す必要があるからです。

正しく相続税を計算するためには高い専門知識がなければできません。
相続税専門でない税理士に依頼してしまうと、相続税を多く払いすぎてしまう可能性があります。
相続税還付の実績を確認することで、本当に相続税に強い税理士かどうかを判断しましょう。

その他にも「申告後にどのくらい税務調査が入っているか」「お客様の声はどんなものがあるか」も比較ポイントとなります。

無料相談を実施して比較する

税理士の選び方
最後に無料相談を利用して比較します。

無料相談での対応が良いかどうかはもちろん「見積もりまで無料で対応してくれるか」「二次相続の提案をしてくれるか」などトータルで比較しましょう。

無料相談の際、資料を事前に準備していると相談をスムーズに行えます。

これから紹介する事前準備資料一覧は、当税理士事務所への相談時に用意していただきたい資料を元に作成しています。他税理士事務所に相談する際も役立つ資料となりますので参考にしてください。

相続税申告初回面談時に必要なもの

初回面談時に必要な資料は以下2つとなります。

  • 相続財産額(遺産総額)がおおよそわかるメモ
  • 固定資産課税明細書(不動産を所有の場合)

初回面談前に、おおよその相続財産額を把握しておくことは、相続税申告義務の確認や、相続税額の試算、申告代行料金の見積もりをするために必要です。
相続財産には、現金や預貯金だけでなく、土地や家屋などの不動産、株式等の評価額が含まれるので注意しましょう。

また、相続した不動産の評価額がわからない場合、固定資産課税明細書でおおよその財産額を推定できます。不動産を相続した際は、固定資産課税明細書も準備しておくとスムーズに面談が進められます。

相続税申告初回面談時にあるといいもの

初回面談時により詳しいご相談を行いたい場合には以下をご用意ください。

  1. 土地の路線価図
  2. 預貯金・株式の相続日時点での残高証明書
  3. 通帳、証券会社の取引残高報告書、保険の支払い通知書など
  4. お葬式費用領収書

上記をご準備いただければ、より詳細にお見積もりをすることが可能です。

なお、相続税申告時に必要な書類に関しては以下の記事で解説しています。
「相続税申告の必要書類」と各書類の入手場所の一覧

当税理士事務所は安心して依頼をしていただけるよう、見積もりまで無料で対応しております。ぜひ他の税理士と比較してみてください。
ご相談をお待ちしております。

\相続税でのお悩みを解決いたします/

まとめ

相続税申告の代行を依頼する税理士の比較方法について解説してきました。

比較するにはまずインターネット等で検索し、ホームページをチェックして相続税に強い税理士事務所を2〜3軒見つけます。
次に以下のような点を確認して相続税に強いかどうかを比較しましょう。

  • 相続税を担当している年数
  • 相続税の申告件数
  • 相続税の還付実績

本記事で紹介した比較ポイントをチェックした後、各税理士事務所の無料相談を利用し、依頼する税理士を決めましょう。

無料相談では「見積もりまで無料で対応してくれるかどうか」「二次相続のことも考えて提案してくれるかどうか」も併せて確認してください。

なお、相続税申告に強い税理士の選び方に関しては以下の記事でも解説しています。
「相続税に強い税理士の選び方」依頼の必要性や比較ポイントを紹介
当税理士事務所では、見積もりまで無料で対応しております。相続税に強い税理士をお探しの場合はお気軽にご相談ください。

ページのトップに戻る

相続税に強い税理士の比較方法とチェックすべきポイントの先頭へ