2本の道路に面しているが片方の接面部分が小さい土地

対象の土地のイメージ

対象の土地のイメージに当てはまらなかった方はこちらの事例一覧をご確認ください。

事例一覧へ戻る

相続税が減額されるポイント

道路に接している長さを評価に反映することで、評価額が減額される可能性があります。

土地はその土地が接している道路に応じて評価をします。
より多く道路に面しているほうが、土地の使い勝手が良いため土地の評価が高くなりますが、では、下の図の場合はどうでしょうか?

value05_two -routes_img01

この図では、15万円と10万円の道路に土地が接していますが、10万円の道路に接しているのはたったの4メートルです。
当然、20メートルすべて接している土地と比べて、評価が低くなるはずですね。


側方路線による評価額の加算を間違っている税理士がたくさんいる!?

しかし、土地の相続を専門にしていない税理士の先生の場合、ここを見落としているケースが意外と多く見受けられます。
この例の場合では、20メートル分の道路に接している4メートル分、つまり、4/20を土地評価額にかけて調整しなければなりません。
その数字のことを、側方路線影響加算率といいます。

それをふまえて、実際の評価明細書を見て確認してみましょう。

value05_two -routes_img02

さて、お手元の明細書の図に示されている部分に、きちんと調整の数字がかけられているでしょうか?

調整されていない申告書をお持ちの場合、土地の評価にあまり詳しくない税理士の先生が担当された可能性があります。
そのような場合は、ぜひ当事務所に見直しをおまかせくださいませ!


相続税の節税実績

課税価格で、200万円の減額となりました。

相続税の税率を30%とした場合、約60万円の相続税の節税となりました。

減額例

 

もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。
もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

もっと詳しい土地評価のご質問はこちら

トップページへ戻る
事例一覧へ戻る

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

実際の土地の面積が登記簿情報より小さい土地

市街地の山林

工場地帯にある土地

近隣に比べて広めの土地(100坪以上)

開発基準面積に満たない土地

ページの先頭へ戻る

ボタンを押すと電話できます。お気軽にお問い合わせください