相続税と法定相続分とは?初めての相続と相続税| 相続税専門の税理士。新横浜より徒歩2分、横浜・東京を拠点に全国へ

相続税の基礎知識

相続税の基礎知識(スマホ版)

1 どんな人が相続人になるのか?

民法では、相続できる人の範囲とその順位を定めています。

《 相続人の相続順位 》

相続人の相続順位

図にまとめると次のようになります。

相続人の相続順位

養子がいる場合
法廷相続人として認められる養子の数は次のように制限されます。
 ・被相続人に子供がいる場合:養子は1人まで
 ・被相続人に子供がいない場合:養子は2人まで
配偶者・子・父母以外が財産を取得した場合
配偶者・子・父母以外の相続税額に20%相当額を加算します。

2 法定相続分

民法では、「被相続人による遺産分与の指定がない場合、どの人がどれだけ財産をとるか」を定めています。
相続人全員での遺産分割協議で合意が得られれば、必ず法定相続分で分ける必要はありません。

代表的な3つのケースをご紹介します。

(例)死亡した人の配偶者(1/2)・子供たち(1/2×1/子供の数)

相続人が配偶者と子供の場合

(例)死亡した人の配偶者(2/3)・父母(1/3×1/人数)

相続人が配偶者と父母の場合

(例)死亡した人の配偶者(3/4)・兄弟(1/4×1/人数)

相続人が配偶者と兄弟の場合

相続税専門の税理士に相談する

初回面談・相談無料です。まずはお気軽にお問い合せくださいませ。

個人のお問い合わせ

法人のお問い合わせ

お客様のご状況に応じて対応いたします

  • 相続税対策

    これから相続をお考えの方へ

  • 相続税申告

    相続が発生した方へ

  • 相続税還付

    相続を終えた方へ

  • 相続税の税務調査

    税務調査を受ける方へ

ボタンを押すと電話できます。お気軽にお問い合わせください