分かりやすく解説、相続税の知識
分かりやすく解説、相続税の知識

「特定の美術品についての相続税の納税猶予及び免除のあらまし」が公表されました

公開日:2019/06/08
最終更新日:2020/07/01
相続税の知識
タグ:

岡野雄志税理士
岡野雄志税理士

国税庁は5月30日、「特定の美術品についての相続税の納税猶予及び免除のあらまし」をホームページ上に公表しました。

これは文化的価値を有するものを活用しやすくする文化財保護法の改正を前提に、平成30年度の税制改正で創設された「特定美術品についての相続税の納税猶予及び免除制度」の施行を受けたものです。

同制度は、美術館と特定美術品の寄託契約を締結し、一定の活用計画に基づきその特定美術品を寄託していた者(被相続人)から相続又は遺贈によりその特定美術品を取得した一定の相続人(寄託相続人)が、寄託を継続する場合には、その特定美術品に係る課税価格の80%相当の相続税の納税が猶予され、寄託相続人の死亡等により、納税が猶予されている相続税の納付が免除されるというもの。

文化財に指定されている美術品の中には美術館だけでなく個人が所有するものもありますが、相続税負担が大きいことから、相続をきっかけに売りに出され行方がわからなくなったり、海外流出するなどして次世代に引き継がれないことが懸念されています。
特定美術品にかかる相続税の納税猶予制度は、こうした流出を防ぎ、美術品の保存・活用や次世代への確実な継承のために、個人が所有する美術品について美術館へ寄託することを促しています。

同制度は、文化財保護法の改正法施行日である2019年4月1日以降に、相続又は遺贈により取得をする特定美術品に係る相続税について適用されます。

に関連する記事をもっとみる

この記事に関連する記事

配偶者居住権の新設 – 平成31年の相続法改正を解説

相続法改正の解説シリーズ第一回目の本日は、配偶者居住権の新設について取り上げます。 配偶者居住権の新…続きを読む

配偶者居住権の新設について

相続法大改正「配偶者居住権の新設」について 2018年7月6日、参議院の本会議にて相続法の改正案が成…続きを読む

国税庁、平成30年分の確定申告状況等について発表!申告納税額は4年連続で増加

国税庁は5月30日、ホームページに「平成30年分の所得税、消費税及び贈与税の確定申告状況等について」…続きを読む

相続税を税理士へ相談なら、
相続専門の岡野雄志税理士事務所へ

岡野雄志税理士

相続税専門の岡野雄志税理士事務所

税理士

岡野 雄志

相続税専門の税理士。
早稲田大学商学部卒業。
2005年に神奈川県横浜市の新横浜に事務所を開設して以来、横浜に限らず全国各地の相続分野の案件を1690件以上手がけてきました。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

相続税のことならお任せください

まずは無料のご相談・お見積りから

相続税のプロが応える
無料面談・電話相談
を実施中です。詳しくはこちら

相続税の申告義務と相続税における控除とは?トップへ