分かりやすく解説、相続税の知識
分かりやすく解説、相続税の知識

【税金コラム】斉藤選手のポルシェおねだりにかかる贈与税を算出

公開日:2016/07/19
最終更新日:2020/07/01
相続税の知識
タグ:

週刊文春が報じたプロ野球の斉藤選手が起こしたポルシェおねだりニュース。このニュースが事実だった場合、贈与税はいったいいくらになるのか。

斉藤選手のポルシェおねだりにかかる贈与税を算出

世間が気になるこの噂を岡野雄志が税理士の観点から着目した。

なんとも驚くべきことに、斉藤選手は2,000万円もする高級ポルシェを出版者の社長に希望したようだが、結局は800万円程度のものに落ち着いたらしい。
なので、今回は出版者の社長が800万円のポルシェを斉藤選手に贈与したという仮定で話を進めていく。

話を単純化するために斉藤選手が1年間で贈与されたものはこのポルシェのみとして算出する。

まずは贈与されたポルシェの価値800万円から基礎控除額(誰にでも権利のある控除)の110万を差し引き、690万円となる。
次に税率を考える必要があるのだが、税率は課税対象のものから基礎控除額を差し引いた分の価格によって決まるので、690万円の税率は40%であることから、690に0.4を乗算すると276万円となる。
最後に税率ごとの控除が発生するので、40%の控除額が125万円であることから、276万円から125万円を差し引いて151万円となる。

つまり800万円する車を貰ってしまうと、自分としても151万円の出費が必要になってしまうのである。成人式などで今後おねだりをする予定がある方は、ぜひとも贈与税には注意をしていただきたい。

に関連する記事をもっとみる

この記事に関連する記事

【速報】ついに公式決定!!広大地評価の廃止と規模格差補正率の導入

平成29年10月5日(木)ついに、【「財産評価基本通達」の一部改正(案)】についてのパブリックコメン…続きを読む

相続時精算課税制度を利用した相続税対策

相続時精算課税での贈与を相続税対策でお考えの方向けの情報です。 平成29年6月22日に国税庁からパブ…続きを読む

自筆証書遺言の方式緩和 – 平成31年の相続法改正を解説

相続法改正の解説シリーズ第四回目の本日は、自筆証書遺言の方式緩和について解説します。 自筆証書遺言の…続きを読む

相続税を税理士へ相談なら、
相続専門の岡野雄志税理士事務所へ

岡野雄志税理士

相続税専門の岡野雄志税理士事務所

税理士

岡野 雄志

相続税専門の税理士。
早稲田大学商学部卒業。
2005年に神奈川県横浜市の新横浜に事務所を開設して以来、横浜に限らず全国各地の相続分野の案件を1000件以上手がけてきました。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

相続税のことならお任せください

まずは無料のご相談・お見積りから

相続税のプロが応える
無料面談・電話相談
を実施中です。詳しくはこちら

【税金コラム】斉藤選手のポルシェおねだりにかかる贈与税を算出トップへ