相続税還付国内一の実績を誇る税理士事務所

創業から16年、ずっと相続税専門としてご相談をお受けしてまいりました、当事務所・岡野雄志税理士事務所は、おかげさまで還付実績日本一を誇ります。還付成功数は1273件、成功率は88%とかなり高い割合となり、累計の還付額は100億円を超えています。お伝えしたように当事務所は還付実績が非常に多いため、還付の査定のご相談を受けることも多いです。ご自身で申告をされた方もいれば税理士に依頼して申告された方もいてさまざまですが、なんと、当事務所で査定をされた方の約7割が相続税を払いすぎてしまっています。払いすぎていても、そのまま気づかなければそのお金が返ってくることはありません。しかし、一度納めた税金も、期限内にきちんと更正の請求をすれば払いすぎた分は返ってきます。当事務所にご依頼いただく方々も、相続税を払いすぎるのではないかと不安になり相談にいらっしゃることも多いです。当事務所の場合、還付額の平均は960万円と大きな金額になります。少しでも不安を感じるのであれば、一度再査定を検討してみてはいかがでしょうか。実績の少ない税理士では結果が変わらない可能性もありますので、再査定の場合は、実績が豊富な当事務所をぜひお選びください。当事務所は相続専門の税理士事務所ですので、豊富な知識と実績でお客様のご相談に寄り添ってご対応させていただきます。なお、ご相談やお見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。

相続税の申告は、多くの税理士が行なう会計業務とは大きく異なります。なぜなら、土地や不動産の評価が相続財産の約40%を占めているからです。会計業務では土地や不動産の評価に詳しくなくても問題ありませんが、相続税業務の場合はこれらがもっとも重要なのです。土地や不動産に詳しくないと、抑えられる税額を抑えきれず、高く見積もってしまいがちです。しかし、当事務所のように相続税を専門に扱っていて実績がある税理士の場合、土地本来の価値を正しく評価することができるため、大雑把な評価をするよりも相続税額を抑えることができるのです。次にあげる項目に1つでも当てはまる方は、払いすぎた相続税が還付される可能性が高いので、ぜひ一度ご相談ください。まずは、「ご自身で申告をした方」や「依頼した税理士が不動産や土地に詳しくない、会計業務を得意分野としている場合」。次に、「細い道路に挟まれていたり特徴のある形をしていたりする土地を受け継いだ方」。これらの方は税理士の実績が浅ければ正しい評価がされていない可能性があります。このほか、「土地の現地調査がなかった場合」、あるいは、「申告書類に公図や路線価図、住宅地図などの書類がなかった場合」。これらは、税理士の業務自体がずさんであった可能性があります。上記に当てはまる場合は、払いすぎた税金が返ってくる可能性が高いので、ぜひ一度当事務所にご相談ください。還付の査定やご相談はもちろん無料ですし、報酬は還付が成功した場合のみに発生しますので、安心してお問い合わせください。

還付実績日本一を誇る、相続専門の「岡野雄志税理士事務所」

相続税を税理士へ相談なら、
相続専門の当税理士事務所へ

岡野雄志税理士

相続税に強い岡野雄志税理士事務所

相続税専門の税理士

岡野 雄志

早稲田大学商学部卒業。
2005年に神奈川県横浜市の新横浜に事務所を開設して以来、相続税申告や相続税還付、相続税の税務調査、生前対策など、横浜に限らず全国各地の相続分野の案件を1690件以上手がけてきました。
特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

相続税のことで損をしないために、

まずは無料のご相談・お見積りから

相続税還付国内一の実績を誇る税理士事務所の先頭へ