相続税で失敗しない税理士の選び方

相続は、一生のうちに何度も経験すること子ではありませんので、いざ必要になるとどうすればよいのか不安になってしまう方も多いでしょう。日本には、なんと7万人以上の税理士がいます。その中から、ご自身の大切な財産を安心して任せられる1人を選ぶのも、右も左もわからない状態ではかなりハードルが高いですよね。今回は、「相続の時に失敗しない税理士の選び方」として、いくつかのポイントをご紹介します。これらのポイントを押さえておくことで、間違った選び方で決めてしまうのを防ぐことができるでしょう。相続税は、相続から10ヶ月という限られた期間内で申告する必要があります。しかし、選び方を失敗してしまえば、払う必要のない税金を払うことになる可能性もあります。そのため、選び方には十分気を付けて、慎重に決めてかなければいけないのです。いざというときのために、相続手続きの時に依頼する税理士の選び方をしっかりと理解しておきましょう。一番重要なことは「それぞれに得意分野があると理解する」ことです。実は、誰でも同じように手続きが可能かというと、そういうわけではありません。これまで携わってきた事例によって、得意不得意や専門分野が違うのです。大きく分けると「会計」の専門と「相続」の専門があり、さらに細かく、「財務に強い」だとか、「土地評価に強い」といった特徴があるのです。さまざまな事例を総合的に引き受ける税理士ももちろんいますが、どういった事例を扱うことが多いかによって得意不得意が分かれます。

当然、相続を得意分野としている税理士を選ぶわけですが、ここにも注意ポイントがあります。「得意分野」としていて、税理士として何十年も活動していても、実は、ほかの事例の相談ばかりで相続については経験が浅い場合もあります。税理士の数と相続税申告の数を単純に照らし合わせると、一人につき年間1.4件となります。もちろん、専門性の高いところに相談が集中しますので、担当していない税理士ももちろん存在するはずですよね。選び方のポイントは、「専門性の高さ」と「実績」があるかどうかを見極めることなのです。例えば、当事務所・岡野雄志税理士事務所では、相続に関するご相談「のみ」を取り扱っています。そのため、総合的に相談を受け付けるよりも専門性が高く、実績も多くなるのです。実績が多くなればなるほど、知識とノウハウが蓄積されますので、安心してお任せいただけるのではないでしょうか。また同時に、蓄積した知識やノウハウを書籍化して出版し、メディアにも取り上げていただくこともあります。こうして、蓄積した知識やノウハウを広く提供することで、ご依頼者自身もしっかりと正しい知識を身に着けて手続きに臨むことができるのではないでしょうか。報酬の安さや、馴染みだからという理由だけで選んでしまうのは危険です。不要な税金を払うことにもなりかねませんので、慎重に選んでいきましょう。ご自身の大切な財産を守るため、信頼できる税理士に依頼するのが大切です。

税理士の選び方で迷っているなら「岡野雄志税理士事務所」へご相談ください。

相続税を税理士へ相談なら、
相続専門の当税理士事務所へ

岡野雄志税理士

相続税に強い岡野雄志税理士事務所

相続税専門の税理士

岡野 雄志

早稲田大学商学部卒業。
2005年に神奈川県横浜市の新横浜に事務所を開設して以来、相続税申告や相続税還付、相続税の税務調査、生前対策など、横浜に限らず全国各地の相続分野の案件を1690件以上手がけてきました。
特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

相続税のことで損をしないために、

まずは無料のご相談・お見積りから

相続税で失敗しない税理士の選び方の先頭へ