「特定の美術品についての相続税の納税猶予及び免除のあらまし」が公表されました

2019年06月08日 [ ]

国税庁は5月30日、「特定の美術品についての相続税の納税猶予及び免除のあらまし」をホームページ上に公表しました。

これは文化的価値を有するものを活用しやすくする文化財保護法の改正を前提に、平成30年度の税制改正で創設された「特定美術品についての相続税の納税猶予及び免除制度」の施行を受けたものです。

同制度は、美術館と特定美術品の寄託契約を締結し、一定の活用計画に基づきその特定美術品を寄託していた者(被相続人)から相続又は遺贈によりその特定美術品を取得した一定の相続人(寄託相続人)が、寄託を継続する場合には、その特定美術品に係る課税価格の80%相当の相続税の納税が猶予され、寄託相続人の死亡等により、納税が猶予されている相続税の納付が免除されるというもの。

文化財に指定されている美術品の中には美術館だけでなく個人が所有するものもありますが、相続税負担が大きいことから、相続をきっかけに売りに出され行方がわからなくなったり、海外流出するなどして次世代に引き継がれないことが懸念されています。
特定美術品にかかる相続税の納税猶予制度は、こうした流出を防ぎ、美術品の保存・活用や次世代への確実な継承のために、個人が所有する美術品について美術館へ寄託することを促しています。

同制度は、文化財保護法の改正法施行日である2019年4月1日以降に、相続又は遺贈により取得をする特定美術品に係る相続税について適用されます。

に関連する記事をもっとみる

この記事に関連する記事

基礎控除以外にも様々な控除が。正しい知識を知って相続税の払いすぎを防ごう

相続税の各種控除について学ぼう 相続税は被相続人(亡くなった人)の財産全てに対してかかるわけではあり…続きを読む

死後支払われた退職金には非課税枠がある! 死亡退職金を受け取った相続人の割合は19%

退職金は本来、本人が存命中に受け取った場合には所得税の課税対象です。 しかし、受け取るはずだった本人…続きを読む

仮想通貨の相続税申告が簡素化

仮想通貨の相続税申告を簡素化すると発表がありました 昨年一年間、ネットやニュースを騒がせた仮想通貨。…続きを読む

相続税専門で国内屈指の実績
税理士へ相続相談なら
岡野雄志税理士事務所へ

神奈川県横浜市の新横浜を拠点に全国に対応しています。2005年の創業以来、相続税分野の案件を1000件以上手がけ、売上の99%以上が相続税の、国内でも数少ない真の相続税を専門に取り扱う税理士事務所です。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

事務所入口業務風景

事務所紹介をみる

約7割の方が相続税を払い過ぎています

日本NO.1の実績を誇る1,192件以上(令和2年3月11日現在)もの日本全国のお客様の相続税を取り戻すことに成功しています。

相続が発生している方は相続税申告で相続税を払い過ぎない。

相続税申告のサービス内容と料金

申告後でも5年以内であれば払い過ぎた相続税は取り戻せます。

相続税還付のサービス内容と料金

相続税還付の事例紹介

「特定の美術品についての相続税の納税猶予及び免除のあらまし」が公表されましたトップへ