相続税の控除について-1(未成年者控除)

2018年07月05日 [ ]


今日は相続税の控除のひとつ、未成年者控除についてご紹介します。

未成年者控除

未成年者控除とは、未成年者の相続税額から一定の金額が控除されるという制度です。
ただし、相続放棄の手続きを取った場合、最初から相続人ではなかったものとして扱われるため、控除は受けられないという注意点があります。

未成年者が相続で財産を得た場合、
「10万円×未成年者が20歳に達するまでの年数」分の控除が適用されます。
また、年数は端数切り上げで計算します。

つまり、15歳と3ヶ月だった場合、
20歳―15歳3ヶ月=4年9ヶ月
なので、4年9ヶ月の9ヶ月を切り上げて
10万円×5年=50万円
が相続税から控除されます。

もしも、その未成年者の相続税額を上回る控除額だった場合、
その上回った税額分は未成年者の扶養義務者から控除することが可能です。

また、未成年者控除を受けるためには、以下の条件を満たす必要があります。

①無制限納税義務者であること
②被相続人の法定相続人であること
③20歳未満であること

相続税は複雑な計算を要する場合も多いので、税理士等の専門家にご相談されることをお勧め致します。

岡野雄志

に関連する記事をもっとみる

この記事に関連する記事

相続財産の評価方法とは?

1 評価の原則 1. 相続開始時点(被相続人がお亡くなりになった日)の時価 2. 財産評価基本通達に…続きを読む

相続税は「配偶者の税額軽減」で大きく減らせる!?仕組みや注意点について

配偶者は社会保障など色々な面で優遇されますが、相続税においても同様です。 相続税には「配偶者の税額軽…続きを読む

相続発生後、銀行口座が凍結された!解除に必要な書類や手続きなど

被相続人が死亡したことが銀行に伝わると、その人の名義の銀行口座は凍結されます。そして、以後、凍結解除…続きを読む

相続税専門で国内屈指の実績
税理士へ相続相談なら
岡野雄志税理士事務所へ

神奈川県横浜市の新横浜を拠点に全国に対応しています。2005年の創業以来、相続税分野の案件を1000件以上手がけ、売上の99%以上が相続税の、国内でも数少ない真の相続税を専門に取り扱う税理士事務所です。特に土地の評価を得意とし、相続税還付の実績は業界でもトップクラス。相続税に関する書籍の執筆にも力を入れているほか、各種メディアからの取材実績も多数あります。

事務所入口業務風景

事務所紹介をみる

約7割の方が相続税を払い過ぎています

日本NO.1の実績を誇る1,192件以上(令和2年3月11日現在)もの日本全国のお客様の相続税を取り戻すことに成功しています。

相続が発生している方は相続税申告で相続税を払い過ぎない。

相続税申告のサービス内容と料金

申告後でも5年以内であれば払い過ぎた相続税は取り戻せます。

相続税還付のサービス内容と料金

相続税還付の事例紹介

相続税の控除について-1(未成年者控除)トップへ