[ ]

どのくらいの財産を相続するか知りたいときに。法定相続分ってなに?

2018年05月28日

前回は法律で定められた相続人は誰かどうか、つまり法定相続人について解説しました。ここではそれぞれの法定相続人が受け取る財産(「法定相続分」)について解説します。

法定相続分の基本の考え方

法定相続人は複数人いることが多く、それぞれの相続分が定められていないと円満な相続ができません。そのために法律ではそれぞれの相続人が受け取る財産が決まっています。これを「法定相続分」といいます。

誰がどのくらい財産を受け取るかどうかの割合は、法定相続人が配偶者と誰かどうかによって決まります。基本的な割合は下のとおりです。

配偶者と子が相続→配偶者:1/2、子:1/2
配偶者と直系尊属(父母など)が相続→配偶者:2/3、直系尊属:1/3
配偶者と兄弟姉妹が相続→配偶者:3/4、兄弟姉妹:1/4

すぐわかる!場合別法定相続分早見図

法定相続分は、配偶者が誰と相続するかによって決まります。ここでは具体的な場合ごとに法定相続分について解説します。

配偶者と子が相続

配偶者と子が法定相続人になる場合の法定相続分はこのようになります。

配偶者:1/2
子:1/2

なお、子が複数人いるときは、子の数だけ財産を分割します。(子が2人いる場合は1人あたり財産の1/4ずつ)

子が相続

本来ならば配偶者と子が法定相続人になるところ、ここでは配偶者がすでに死亡しています。この場合、子だけが法定相続人になります。そして法定相続分は子がすべて受け取ります。

配偶者と父母が相続

配偶者と父母(直系尊属)が法定相続人になる場合の法定相続分はこのようになります。

配偶者:2/3
父母:1/3

なお、父母が2人とも存命の場合は、父が1/6、母が1/6といった具合に財産を分割します。

父母が相続

子がいない、もしくはすでに死亡していて、かつ配偶者がすでに死亡している場合、直系尊属(ここでは父母)が法定相続人になります。そして法定相続分は父母がすべて受け取ります。

配偶者と兄弟姉妹が相続

配偶者と兄弟姉妹が法定相続人になる場合の法定相続分はこのようになります。

配偶者:3/4
兄弟姉妹:1/4

なお、兄弟姉妹が複数人いる場合は、その財産を人数分で分割します。(2人いる場合は1人あたり1/8)

兄弟姉妹が相続

子がいない、もしくはすでに死亡していて、かつ配偶者や直系尊属もすでに死亡している場合、法定相続分はすべて兄弟姉妹が受け取ります。

相続人になるはずの人がすでに亡くなっている場合

すでに子が亡くなっているときは孫がかわりに相続し、兄弟姉妹が亡くなっている場合はおい・めいが相続するのが一般的です。(これを「代襲相続」といいます)
ここでは配偶者がすでに亡くなっている場合を除いた、子や兄弟姉妹がすでに亡くなっているときの法定相続分について解説します。

子にかわって孫が相続人になる場合

子にかわって孫が法定相続人になる場合、孫は子の立場と見なされます。そのため、原則どおりの法定相続分になります。

配偶者:1/2
孫:1/2

兄弟姉妹にかわっておい・めいが相続人になる場合

兄弟姉妹にかわっておい・めいが法定相続人になる場合、おい・めいが兄弟姉妹の立場と見なされます。この場合も先ほどと同様に原則どおりの法定相続分になります。

配偶者:3/4
おい・めい:1/4

関連サービスのご案内

相続税申告サービス・料金(最安水準9.9万円~)

相続税還付サービス・料金(実績1,000件)

この記事の関連カテゴリー

岡野雄志税理士事務所のご案内

神奈川県横浜市に拠点を構える当税理士事務所は、売上の99%以上が相続税の、国内でも数少ない、真の相続税を専門に取り扱う税理士事務所です。
創業以来、日本NO.1の実績を誇る1000人以上(令和元年10月29日現在)もの日本全国のお客様の相続税を取り戻すことに成功してきました。

事務所入口業務風景

事務所紹介をみる

お客様のご状況に応じて
サポートいたします

お客様満足度92%!相続税のサポートをさせていただいたお客様から、たくさんの喜びの声をいただいています。あなたも、相続に成功した先輩たちに続いてみませんか?

  • 生前の
    相続税対策

    相続税対策サービス

  • 相続時の
    相続税申告

    相続税申告サービス(15万円~)

  • 相続後の
    相続税還付

    相続税還付サービス(完全成功報酬/全国対応)

  • 急な対策
    相続税調査

    相続税の税務調査対策サービス