傾斜のある土地や一部崖になっている土地の評価|相続税専門の【岡野雄志税理士事務所】 | 横浜・神奈川

傾斜のある土地や一部崖になっている土地

対象の土地のイメージ

傾斜のある土地や一部崖になっている土地

相続税が減額されるポイント

崖地を有する宅地とは

土地そのものが崖地になっているのではなく、土地の中に崖地が含まれる土地をさします。
※崖地とは、一般的に傾斜度が30度以上ある急傾斜地のことをいいます。

土地の評価

崖地を有する宅地は、平坦な土地より利用価値が低いため相続税評価額も低くなります。

事例一覧へ戻る

もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。

もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

もっと詳しい土地評価のご質問はこちら

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

高低差のある土地

工場地帯にある土地

マンションが建っている広い土地

市街化調整区域にある土地

河川に面している土地

お問い合わせ

なんでもお気軽にお問い合せくださいませ。

個人のお問い合わせ

法人のお問い合わせ

ボタンを押すと電話できます。お気軽にお問い合わせください