道路に接していない土地(無道路地)の評価|相続税専門の【岡野雄志税理士事務所】 | 横浜・神奈川

道路に接していない土地(無道路地)

対象の土地のイメージ

道路に接していない土地(無道路地)

相続税が減額されるポイント

無道路地とは

道路に接していない土地を無道路地といいます。
その土地にある家に出入りするために細い道を利用している場合も、該当する場合があります。

土地の評価

無道路地は使い勝手が悪い土地となるので、最大で40%減額される場合があります。

細い道路を通って家に出入りしているような土地も、無道路地として判定されて大きな減額を受けられる可能性があります。
大まかな目安は道路の幅が2m未満であることですが、実際にその土地に行って調査をしないと分からない場合も多いので、土地の評価に詳しい税理士の先生にご相談することをおすすめします。

事例一覧へ戻る

もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。

もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

もっと詳しい土地評価のご質問はこちら

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

広大地(周りに比べて広い土地)

マンションが建っている広い土地

工場地帯にある土地

市街地の山林

開発基準面積に満たない土地

お問い合わせ

なんでもお気軽にお問い合せくださいませ。

個人のお問い合わせ

法人のお問い合わせ

ボタンを押すと電話できます。お気軽にお問い合わせください