「4m以下の道路に面する土地」の土地評価で相続税を節税する| 相続税専門の税理士。横浜・東京を拠点に全国へ

豊富な事例で解説する相続税の土地の評価における節税。「土地の価値」なら、知識と経験のある税理士をお選びください!

豊富な事例で解説する相続税の土地の評価における節税。「土地の価値」なら、知識と経験のある税理士をお選びください!(スマホ版)

「幅の狭い道路に面している土地」の土地評価で相続税を節税する

対象の土地のイメージ

幅の狭い道路に面している土地

相続税が減額されるポイント

相続した土地が狭い道路に接している場合は、70%減額できる可能性があります。
建築基準法上、道路は4m以上の幅が必要です。
4m以下の道路に面している土地の場合、道路の中心線から2mは建物を建てることができません。
ちなみに、この部分をセットバック部分といいます。

事例一覧へ戻る

もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。

もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

もっと詳しい土地評価のご質問はこちら

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

実際の土地の面積が登記簿情報より小さい土地

マンションが建っている広い土地

工場地帯にある土地

開発基準面積に満たない土地

河川に面している土地

相続税専門の税理士に相談する

初回面談・相談無料です。まずはお気軽にお問い合せくださいませ。

個人のお問い合わせ

法人のお問い合わせ

ボタンを押すと電話できます。お気軽にお問い合わせください