相続税専門の税理士なら還付実績日本NO.1の岡野雄志税理士事務所 | 新横浜徒歩2分、神奈川・東京を拠点に全国へ

豊富な事例で解説する相続税の土地の評価における節税。「土地の価値」なら、知識と経験のある税理士をお選びください!

豊富な事例で解説する相続税の土地の評価における節税。「土地の価値」なら、知識と経験のある税理士をお選びください!(スマホ版)

相続税を節税できた都市計画道路の予定地の評価事例

対象の土地のイメージ

都市計画道路の予定地

相続税が減額されるポイント

土地の評価都市計画道路予定の区域面積及び容積率によって、1%から50%の減額ができます。

都市計画道路予定地の区域内にある土地は、道路を敷設する際にすぐに移転できるように都市計画法に定められる建物(※1)しか建てられません。
将来、都市計画道路に接収される予定の土地のため、容易に移転、除去できなければならないのです。

(※1)都市計画法で定められる建物とは
都市計画法 第54条3
イ 階数が2以下で、かつ地階を有しないこと。
ロ 主要構造部が木造、鉄骨造、コンクリートブロック造その他これらに類する構造であること。

相続税の節税実績

このケースの場合、下表のように、課税価格で1,000万円の減額になります。
仮に相続税の税率が30%だとすると、300万円相続税が還付されます。

  • 【課税価格および相続税額の減少額】

(単位:万円)

当初申告 再評価後 減少額
課税価格 10,000 9,000 1,000
相続税額(税率30%) 3,000 2,700 300

もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。

もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

もっと詳しい土地評価のご質問はこちら

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

工場地帯にある土地

河川に面している土地

市街地の山林

実際の土地の面積が登記簿情報より小さい土地

市街化調整区域にある土地

相続税専門の税理士に相談する

初回面談・相談無料です。まずはお気軽にお問い合せくださいませ。

個人のお問い合わせ

法人のお問い合わせ

サイトマップ