線路や踏切に接している土地の評価|相続税専門の【岡野雄志税理士事務所】 | 横浜・神奈川

線路や踏切に接している土地

対象の土地のイメージ

線路や踏切に接している土地

相続税が減額されるポイント

土地の評価線路や踏切に隣接している土地の場合、騒音や振動が大きく、利用価値が著しく低下している理由で10%減額されることがあります。

騒音については、環境省が定めた基準をもとに判定することになっています。(下図参照)

  • 騒音の環境基準(環境省HPより)

(単位:万円)

地域の環境 基準値
昼間 夜間
 福祉施設などがあり、
 静けさが求められる地域
 50デシベル以下  40デシベル以下
 住居専用・
 おもに住居が建つ地域
 55デシベル以下  45デシベル以下
 住居と
 商・工業施設が混在する地域
 60デシベル以下  50デシベル以下

なお、騒音の発生源としては、鉄道の他に空港や工場などが挙げられますが、道路を通行する車の騒音については路線価に織り込み済みとされることが多いため、減額は認定されにくいようです。

相続税の節税実績

このケースの場合、上表のように、課税価格で1,000万円の減額になります。仮に相続税の税率が30%だとすると、300万円相続税が還付されます。

  • 【課税価格および相続税額の減少額】

(単位:万円)

  当初申告  再評価後  減少額 
 課税価格  10,000 9,000 1,000
 相続税額(税率30%)  3,000 2,700 300
事例一覧へ戻る

もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。

もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

もっと詳しい土地評価のご質問はこちら

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

工場地帯にある土地

市街地の山林

マンションが建っている広い土地

高低差のある土地

実際の土地の面積が登記簿情報より小さい土地

お問い合わせ

なんでもお気軽にお問い合せくださいませ。

個人のお問い合わせ

法人のお問い合わせ

ボタンを押すと電話できます。お気軽にお問い合わせください