相続税専門の税理士なら還付実績日本NO.1の岡野雄志税理士事務所 | 新横浜徒歩2分、神奈川・東京を拠点に全国へ

豊富な事例で解説する相続税の土地の評価における節税。「土地の価値」なら、知識と経験のある税理士をお選びください!

豊富な事例で解説する相続税の土地の評価における節税。「土地の価値」なら、知識と経験のある税理士をお選びください!(スマホ版)

相続税を節税できた工場地帯にある土地の評価事例

対象の土地のイメージ

工業地帯にある土地

工場地帯にある広大地とは

主に市街地にあって、戸建住宅を何件も建てられるような、広い土地のことです。広大地の要件は次の3つです。

  • ①その地域の標準よりも広い土地(目安として、三大都市で500㎡以上、その他で1,000㎡以上)
  • ②工場やマンションを建てるのに適していない土地
  • ③戸建分譲を想定した時、道路を造らなければならない土地

今回の場合、要件の②に当てはまらないため、広大地には判定されません

中小工場地区にある土地が広大地に!

中小工業地区にあっても、広大地とした認められ、大きな減額が受けられたケースがあります。

中小規模の工場が多い地域のことを「中小工業地区」といいます。
この地区は工場を建てるのが最適だとされるため、基本的には広大地評価が適用されません。
ではなぜ、工場地帯にある土地が、広大地として認められたのでしょうか?

評価のポイント

調査の結果、対象地周辺の地域では、工場の老朽化が進んでいて、代わりに工場跡地には戸建住宅が増えていることが分かりました。

つまり、徐々に住宅地に変わりつつある地域だったのです。
さらに役所で調べてみると、商業施設を導入して住民を増やし、地域を活性化させるという地区計画が設定されていました。
実際にショッピングセンターも進出し、今後この地域の住宅地化がますます進んでいくことは明らかでした。
そしてこの対象地は駅から遠く、周辺にマンションのない土地でした。
よって工場地帯であっても、戸建分譲の需要が高く、土地の最有効利用が戸建住宅の売り出しであると判断し、広大地として評価しなおしたところ、約5,000万円の減額に成功しました。

もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。

もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

もっと詳しい土地評価のご質問はこちら

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

市街地の山林

市街化調整区域にある土地

マンションが建っている広い土地

開発基準面積に満たない土地

広大地(周りに比べて広い土地)

相続税専門の税理士に相談する

初回面談・相談無料です。まずはお気軽にお問い合せくださいませ。

個人のお問い合わせ

法人のお問い合わせ

サイトマップ