相続税専門の税理士なら還付実績日本NO.1の岡野雄志税理士事務所 | 新横浜徒歩2分、神奈川・東京を拠点に全国へ

豊富な事例で解説する相続税の土地の評価における節税。「土地の価値」なら、知識と経験のある税理士をお選びください!

豊富な事例で解説する相続税の土地の評価における節税。「土地の価値」なら、知識と経験のある税理士をお選びください!(スマホ版)

相続税を節税できた市街化調整区域にある土地の評価事例

対象の土地のイメージ

市街化調整区域にある土地

市街化調整区域にある広大地とは

主に市街地にあって、戸建住宅を何件も建てられるような、広い土地のことです。広大地の要件は次の3つです。

  • ①その地域の標準よりも広い土地(目安として、三大都市で500㎡以上、その他で1,000㎡以上)
  • ②工場やマンションを建てるのに適していない土地
  • ③戸建分譲を想定した時、道路を造らなければならない土地

今回の場合、要件の③に当てはまらないため、広大地には判定されません

市街地調整区域にある土地が広大地に!

しかし、市街化調整区域にあっても、広大地として認められ、大きな減額が受けられたケースがあります。

市街化調整区域とは、法律で用途などが決められた地域の1つで、都心など、すでに市街地であったり、これから市街地化を積極的に進めていく地区が『市街化区域』、自然を守るなどの目的で、市街地化を制限しているのが『市街化調整区域』です。
広大地は宅地の開発が前提の制度であるため、基本的には市街化区域にある土地が対象となります。
ではなぜ、市街化調整区域にある土地が、広大地として認められたのでしょうか?

評価のポイント

対象地に建っている建物は、この地域が市街化調整区域に指定される前に建てられたものでした。

そのため、念のため役所に問い合わせてみると、市街化調整区域に指定される前に建てられた建物がある土地では、戸建分譲開発が認められていました。
しかもこの土地は周りの土地に比べてかなり大きく、戸建分譲を想定したとき、新たに道路を造る必要がありました。
これらはすべて広大地の要件に当てはまるため、その主張を税務署にしたところ、この土地は広大地と認められ、約3,000万円の大きな減額に成功しました。

もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。

もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

もっと詳しい土地評価のご質問はこちら

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

市街地の山林

高低差のある土地

開発基準面積に満たない土地

河川に面している土地

工場地帯にある土地

相続税専門の税理士に相談する

初回面談・相談無料です。まずはお気軽にお問い合せくださいませ。

個人のお問い合わせ

法人のお問い合わせ

サイトマップ