相続税とは

相続税とは

続財産の評価方法

1 評価の原則

1. 相続開始時点(被相続人がお亡くなりになった日)の時価
2. 財産評価基本通達に従って評価
 土地・家屋・有価証券などの相続財産は、相続や遺贈を受けた時点での時価で評価します。しかし、個々の財産の時価を見積もる事は難しいものです。そこで、相続財産をどう評価すべきか定めた「財産評価基本通達」に従って相続財産の評価を行っていきます。

2 代表的な相続財産と評価方法

3 土地の評価について

基本的な評価方法は、上に掲げたように「財産評価基本通達」によって定められています。
その中でも、土地評価は、土地の位置や形状による補正が必要なため、難しく複雑です。
同じ土地でも、担当する税理士の知識・経験によって、下記のように評価額が違う場合もあります。

当事務所では、税理士が直接、現地に足を運び、減額要因を考慮して評価を行います。
相続税専門の税理士としての知識と経験から、一つ一つの土地にあわせた減額が可能です。
土地評価額を低く抑えることで、結果として節税を行うことができます。
詳しい土地評価の方法はこちらへ → 土地の評価について

お問い合わせ

なんでもお気軽にお問い合せくださいませ。

法人のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る

ボタンを押すと電話できます。お気軽にお問い合わせください