相続税とは

相続税とは

続税調査の流れ

調査の入りやすい時期

相続税申告後、半年~2年の間、春(4~5月)もしくは秋(9月~12月)ごろに税務調査が行われる場合が多いようです。
税務調査は任意調査と強制調査に分かれますが、そのほとんどが任意調査です。
任意調査に法的な拘束力はなく、申告内容の確認のために行われます。
一方、強制調査には法的な拘束力があり、臨検、捜査、書類押収等が行われます。

税務調査にあたっての心がまえ

任意調査とはいえ、調査官には「質問検査権」が認められており、納税者には「受忍義務」が課せられています。
正当な理由無く質問や検査を拒むことはできません。

税務調査にあたって準備する資料

(例)相続税申告書類の控え・預金通帳・生命保険の証書・株券・国債や社債・香典帳・借入契約書・印鑑など

税務調査の流れ

全体の流れ

事前通告 → 税務調査 → (事実関係の確認) → 修正申告

相続人代表者もしくは税理士に、電話で税務調査の打診があります。
税務調査の場所は、被相続人の自宅が指定される場合が多いです。

当日の流れ

税務調査:午前10時開始 →(昼食休憩1時間)→ 午後4時頃終了

※税務署の業務時間が午前8時半から午後5時と定められているため、移動時間を勘定に入れて、上記の時間帯で調査が行われます。
調査官は、若手と上司の2人組みが多いようです。

3 税務調査の実際

<午前 雑談の中での聞き取り調査>

玄関を開ける前から税務調査は始まっています。
自宅に立派な庭園・門・塀があれば、調査官が世間話の中でお金の出所を探ってきます。
被相続人が整備したにも関わらず、庭園等が相続財産として申告されていない場合、申告漏れが指摘される可能性があります。
玄関を開けると、税務署員が義務付けられた身分証明書の提示が行われます。
役職・氏名等を確認しましょう。
調査官から、相続にまつわる状況や財産管理について、聞き取り調査が行われます。詳しくはこちらへ → よくある質問とその意図

<午後 重要書類の確認・疑問点の解消>

調査官が持参したハンディコピー機を使って、被相続人の通帳や保険証券等、重要書類のコピーを行います。
通帳の書き込み等があれば、資産移動のヒントになる場合があるためです。
このとき、書類の保管場所まで調査官が一緒に赴き、しまわれた書類を確認し、申告漏れの財産が無いかチェックを行います。
また、申告内容についての疑問点があれば、事実関係を確認するために、調査官から質問が行われます

<修正申告>

税務調査の後、税理士・納税者・税務署で、事実関係の把握と問題点の確認を行います。
申告漏れ財産が見つかった等、新たに税金を納めることが必要な場合、修正申告書を提出します。

<調査終了>

税務調査の後、問題点が認められなかったときは、調査終了のお知らせがあります。

税務調査でよく聞かれる質問とその意図

被相続人の死因は何ですか。それまでの病歴や、療養期間を教えて下さい。また、意思決定能力はいつまでありましたか?

事故死か病死かで、相続対策にかけられる時間が異なります。
特に、被相続人に認知症等、意思能力の衰えがみられる場合、相続開始前に財産整理を誰が行ったのか、他の人へ財産の移動が行われていないか等の確認が行われます。

被相続人の趣味は何でしたか?

書画・骨董品を集めることが趣味の場合、相続財産として申告されているかチェックします。
クルーザーやヨットなら停泊権、ゴルフなら高価なゴルフクラブや会員権が申告から漏れていないか、確認が行われます。

被相続人の経歴や職歴について教えて下さい。

経歴や職歴から、被相続人の貯蓄財産の推定を行います。

ご家族(相続人)の職業と収入、だいたいの生活費を教えて下さい。また、生活費はどなたが出していましたか?

1ヶ月の収入(手取り)-生活費=1ヶ月の貯蓄額 
として、目安を計算します。計算した額を超えて貯蓄が増えている場合、被相続人から援助があったのか、その際、贈与税の申告が行われているか等の確認が行われます。

ご焼香させて下さい。もしくは、お手洗いを貸して下さい。

ご焼香もお手洗いも、仏間や室内を見るのが目的です。
仏壇やお墓は非課税財産ですが、常識的な範囲を超えて豪華なもの(純金製等)については、課税される場合があります。
室内を見る場合、書画骨董が無いか、また銀行等のカレンダーが無いか等をチェックします。
美術品や、付き合いのある金融機関の財産が、きちんと申告されているか確認するためです。

お持ちの印鑑全てを見せて下さい。

出してもらった印鑑を、朱肉を付けない状態で押し、以前に使用した事があるか確認する他、陰影を取って銀行の届出印等と照合します。
子供名義の預金が被相続人の判子で届け出されていた場合、実質的な所有者は被相続人だったのではと推測できます。

香典帳を見せて下さい。

被相続人の交友関係を確認します。
金融機関との付き合いがあれば、相続財産の申告漏れがないか、確認が行われます。

質問に対して明確な回答ができない場合、正直に不明である旨を伝え、後日、事実関係を確認して回答を行うようにしましょう

お問い合わせ

なんでもお気軽にお問い合せくださいませ。

法人のお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る

ボタンを押すと電話できます。お気軽にお問い合わせください