日当たりの悪い土地

value17_ shade_img01

土地の評価

建築基準法第56条2項に定める日影時間を超える時間の日照阻害がある場合、10%減額を行うことができます。


もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。
もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

もっと詳しい土地評価のご質問はこちら

トップページへ戻る
事例一覧へ戻る

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

近隣に比べて広めの土地(100坪以上)

高低差のある土地

開発基準面積に満たない土地

マンションが建っている広い土地

河川に面している土地

ページの先頭へ戻る

ボタンを押すと電話できます。お気軽にお問い合わせください