傾斜のある土地や一部崖になっている土地

value15_ precipice_img01

崖地を有する宅地とは

土地そのものが崖地になっているのではなく、土地の中に崖地が含まれる土地をさします。

※崖地とは、一般的に傾斜度が30度以上ある急傾斜地のことをいいます。

土地の評価

崖地を有する宅地は、平坦な土地より利用価値が低いため相続税評価額も低くなります。

もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。
もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

もっと詳しい土地評価のご質問はこちら

トップページへ戻る
事例一覧へ戻る

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

実際の土地の面積が登記簿情報より小さい土地

開発基準面積に満たない土地

高低差のある土地

近隣に比べて広めの土地(100坪以上)

マンションが建っている広い土地

ページの先頭へ戻る

ボタンを押すと電話できます。お気軽にお問い合わせください