都市計画道路の予定地

土地の評価

都市計画道路予定の区域面積及び容積率によって、1%から50%の減額ができます。
都市計画道路予定地の区域内にある土地は、道路を敷設する際にすぐに移転できるように都市計画法に定められる建物(※1)しか建てられません。
将来、都市計画道路に接収される予定の土地のため、容易に移転、除去できなければならないのです。

(※1)都市計画法で定められる建物とは
都市計画法 第54条3
イ 階数が2以下で、かつ地階を有しないこと。
ロ 主要構造部が木造、鉄骨造、コンクリートブロック造その他これらに類する構造であること。

減額例

【課税価格および相続税額の減少額】

このケースの場合、上表のように、課税価格で1,000万円の減額になります。
仮に相続税の税率が30%だとすると、300万円相続税が還付されます。

もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。
もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

もっと詳しい土地評価のご質問はこちら

トップページへ戻る
事例一覧へ戻る

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

実際の土地の面積が登記簿情報より小さい土地

工場地帯にある土地

開発基準面積に満たない土地

市街化調整区域にある土地

市街地の山林

ページの先頭へ戻る

ボタンを押すと電話できます。お気軽にお問い合わせください