一つの土地が複数の目的で利用されている

対象の土地のイメージ

対象の土地のイメージに当てはまらなかった方はこちらの事例一覧をご確認ください。

事例一覧へ戻る

土地の評価

土地を評価するとき、原則として、以下の項目ごとに分けて評価をします。

  • ・その土地を相続した人
  • ・相続したときの土地の種類(たとえば宅地、畑、山林など)
  • ・その土地の使い方

相続税が減額できるポイント

下図のような土地を一個の土地として評価していた場合、土地の使い方・種類ごとに分けて評価しなおすことによって、土地の評価額を下げることができます。

この図では、自宅の部分だけが道路に接していますね。
土地の評価では、道路に接していて出入りがしやすい、つまり、使いやすい土地のほうが評価額が高くなります。
では、下の図の場合では、どのように減額できるのでしょうか。

value04_division_img05

この土地は、人に家を貸している土地なので、他の土地とは使い方が違っています。
なので、貸家の部分だけで土地の評価をすることになります。
そうやって考えてみると、この土地は道路に接している部分がとても小さくなるので、土地の評価を下げることができるのです。

他の畑や駐車場も、土地の種類が違うので、それぞれ別に評価すると、上の場合と同じく評価を下げることができます。


土地の評価に詳しい税理士に依頼しないと…

上で説明した土地の評価のやり方は、もっとも初歩的な部分です。
しかし、役所などに登録されている情報が古く、今現在の土地の使い方が違っているのに十分に調査をしなかったり、種類が違う土地を同じものとしていっぺんに評価してしまうと、実際の土地の評価より高い金額になってしまうおそれがあります。
ありえないことのように思えますが、あまり土地の相続に詳しくない税理士の先生が担当された場合、意外にもこれは起こりうることなのです。


相続税の節税実績

【課税価格および相続税額の減少額】

このケースの場合、上表のように、課税価格で1,100万円の減額になります。
仮に相続税の税率が30%だとすると、330万円相続税が還付されます。


もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。
もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

もっと詳しい土地評価のご質問はこちら

トップページへ戻る
事例一覧へ戻る

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

市街地の山林

河川に面している土地

マンションが建っている広い土地

実際の土地の面積が登記簿情報より小さい土地

工場地帯にある土地

ページの先頭へ戻る

ボタンを押すと電話できます。お気軽にお問い合わせください