形のいびつな土地(不整形地)

value03_distorted_img01

対象の土地のイメージに当てはまらなかった方はこちらの事例一覧をご確認ください。

事例一覧へ戻る

相続税が減額されるポイント

土地の評価は、その土地の使い勝手のよさで判定されます。
道路に対してななめだったり、一部分だけ出っ張っているようないびつな形の土地は、正方形の土地に比べて使いづらいですね。

形のいびつで使いづらい土地を不整形地といい、土地の評価額を下げることができます。

下の図のように一見使い勝手がよさそうな土地でも、長方形や正方形でない限り、土地の値段を下げることができるのです。

value03_distorted_img02

土地の評価に詳しい税理士に依頼しないと…

不整形地の評価は基本的なことですが、その土地の評価を担当した税理士の先生によって見落としていたり異なっていたりする場合があります。
土地の評価に詳しい税理士に頼むことが重要です。


減額の事例

課税価格で、100万円の減額となりました。
相続税の税率を30%とした場合、約30万円の相続税の節税となりました。


もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。
もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

もっと詳しい土地評価のご質問はこちら

トップページへ戻る
事例一覧へ戻る

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

市街地の山林

市街化調整区域にある土地

開発基準面積に満たない土地

工場地帯にある土地

近隣に比べて広めの土地(100坪以上)

ページの先頭へ戻る

ボタンを押すと電話できます。お気軽にお問い合わせください