河川に面している土地

対象の土地のイメージに当てはまらなかった方はこちらの事例一覧をご確認ください。

事例一覧へ戻る

相続税が減額されるポイント

以下のような、河川や水路が宅地と道路との間にある場合、相続税評価額を減額できる可能性があります。

  • 1.通行するために河川や水路に橋を架ける必要がある
  • 2.通行するために河川や水路に蓋をする必要がある


通行するために河川や水路に橋を架ける必要がある場合

無道路地として評価されるため、橋の架設費用相当額が控除されます。
従って、大幅に相続税評価額が減額されます。

通行するために河川や水路に蓋をする必要がある場合

道路からの奥行距離に応じて評価減となりますが、1.に比べるとあまり相続税評価額の減額は期待できません。


河川や水路が宅地と道路との間にある方は、一度、正確な土地評価ができる相続税専門の税理士に相談してみましょう。


相続税の節税実績

課税価格で、200万円の減額となりました。
相続税の税率を30%とした場合、約60万円の相続税の節税となりました。


もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。
もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

もっと詳しい土地評価のご質問はこちら

トップページへ戻る
事例一覧へ戻る

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

開発基準面積に満たない土地

市街化調整区域にある土地

高低差のある土地

近隣に比べて広めの土地(100坪以上)

実際の土地の面積が登記簿情報より小さい土地

ページの先頭へ戻る

ボタンを押すと電話できます。お気軽にお問い合わせください