高低差のある土地

土地の評価

道路との高低差が著しい宅地は、以下の理由から、「著しい利用価値の低下」があると見なされます。

  • ・車が入ることができない
  • ・階段を使って出入りしなければならない

このとき、相続税評価額を10%減額できます。

ただし、具体的にどれくらいの高低差があれば「著しい利用価値の低下」と見なされるのかの明確な基準はありません。
周囲に比べて高低差がある土地をお持ちの方は、一度、土地評価に詳しい税理士にご相談してみると良いでしょう。

もっと詳しく土地評価の事例を知りたい方へ

当事務所は正確な土地評価によって、今までたくさんの皆様の相続税額の減額に成功してきました。
もっと詳しく事例を知りたい方は、ぜひ、お気軽にご質問ください。

もっと詳しい土地評価のご質問はこちら

トップページへ戻る
事例一覧へ戻る

この事例を見た人はこちらの事例も見ています

市街化調整区域にある土地

工場地帯にある土地

市街地の山林

河川に面している土地

近隣に比べて広めの土地(100坪以上)

ページの先頭へ戻る

ボタンを押すと電話できます。お気軽にお問い合わせください